非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

パソコンの電源がオフでもUSB給電

カメラ

 

 

こんにちは。

昨日、書きましたが、今日のこの記事で、1600日連続公開達成。

ボクは、サラリーマンなので、ブログを書くのはスキマ時間しかありません。

それでいて、4年間と140日。1日も休まず公開。

飯を食う、そんな感じです。

 

で、今日の記事はパソコンとカメラ。

ボクは勤務先で使っているWindowsノートパソコンのUSB端子にケーブルを差し込んで、カメラを充電しています。

その状態で帰宅するので、例えば土日などの休みの間はパソコンの電源はオフ。

 

今日は月曜日で、たまたま朝から外出の予定がありました。

不動産物件の写真を撮るために、カメラを持って出掛けたのです。

そして、現地に到着して写真を撮ろうとしたら、何と、カメラのバッテリーがゼロ。

土日の間に放電して、カメラのバッテリーが空になったっぽいです。

結局、現地では、iPhoneのカメラで撮影。

高速道路を使って遠路はるばる出掛けたので、iPhoneが無かったら終わっていました。

 

 

USB給電

 

 

普通に、こう思ったわけです。

 

パソコンの電源は切れていても、そのUSB端子につながっている機器には給電できれば良いのになあ。

 

で、調べてみると、ありました。

 

電源オフでもUSB給電

 

パソコンの機種によっては、設定によって、電源オフの状態でもUSBに給電できるようです。 

パソコン内のマザーボードが対応していて、かつ、Windowsで設定がオンになっている必要がありそうです。

ボクも、さっそく、明日、設定を確認してみようと思います。

と言いながら、これを注文してしまったんですけどね。

 

 

 

 

USBでは無く、コンセントから給電するようにしようと思ったわけです。

これなら、24時間ずっと給電可能。

でも、撮った写真をパソコンに転送するときだけは、パソコンに接続し直す必要があるんです。

勤務先のパソコンを確認して、もし、電源オフ時の給電が不可能なら、コイツが活躍することになるでしょう。

 

なお、逆に、人によっては、パソコンの電源がオフなのにUSBに給電されてしまっていることを知らない人もいるでしょう。

ムダな電気代を節約したい人は、ぜひ、確認してみてください。

 

ちなみに、ボクが使っているカメラはこれ。

 

www.b-chan.jp

 

 

充電端子はMicroUSB。

さすがに規格としては古くなってきました。

でも、今でも良い機種ですよ。

オススメ。安いし小さいし軽いし。