非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

写真保存用に外付けSSDを導入した

写真の保存に困る

 

 

こんにちは。

みなさん、写真の保存、どうしていますか?

スマホに入れっぱなしの人も多いでしょう。

しかし、写真が増えれば、いずれは容量いっぱいになります。

スマホも数年後には買い換えでしょう。

 

商品や製品なら、買い換えれば、また手に入りますが、個人的なモノは二度と手に入りません。

その代表格が、写真やアドレス帳。

撮った写真は紛失すれば、それっきり。

アドレス帳も、知人が数人程度であれば、また訊ね直すコトができますが、数百人になれば、再入手は困難です。

そもそも、アドレス帳を失えば、連絡するのも困難です。

 

だからボクは、写真とアドレス帳、つまり、二度と手に入らないモノは、クラウドに保管しています。

2009年にiPhoneを初めて手に入れた頃はクラウドは珍しかったので、クラウド記事も色々書きました。

 

www.b-chan.jp

 

 

SSD

 

 

ボクはFlickrに写真を保管しています。

 

www.b-chan.jp

 

 

でもFlickrだって永遠とは限りません。

クラウドサービスは、いつ、サービスが終了するか、わかりません。

自宅にある、ハードディスクとFlickrの二重体制。

カメラで写真を撮ったら、ハードディスクに保管し、それを自動的にFlickrにバックアップする体制です。

 

ただ、ハードディスクって、リスクがあるんですよね。

ハードディスクは、内部で円盤が高速回転していて、そこにヘッドと呼ばれる針のようなモノがデータを書き込みます。

昔で言う、レコードにソックリなんです。

高速回転すると言うコトは物理的に動作していると言うコト。

つまり、経年劣化でいつか、必ず壊れます。

ボクも20年ほど、パソコンとハードディスクを使ってきましたが、何台もハードディスクを買い換えてきました。

ハードディスクはクラッシュしたら、基本的には終わりです。

全データが失われます。

しかも、円盤が回転していて、繊細なヘッドでデータ記録しているので、振動にとても弱いんです。

昔はノートパソコンのほとんどにハードディスクが内蔵されていたので、ボクは、ノートパソコンですら、持ち運ぶのを躊躇していました。

持ち運ぶときは、ノートパソコンの電源がオフかスリープ状態のときだけ。

それくらい慎重でした。

ここ数年は、MacBook Airや、iMacなど、ハードディスクでは無くSSDのモデルを使っているので、クラッシュの心配はゼロです。

SSDは電気的にデータを書き換えているので、物理的な可動部品はありません。

なので、クラッシュの心配は、まず考えられません。

しかも、データの書き換え回数を最小限に抑えれば、寿命もかなり長いです。

写真の保管にはぴったりなんですね。

 

で、これを買いました。

 

 

 

 

理由は、異常に安いから。

ボクの現在の写真フォルダのファイルの大きさが170GB(ギガバイト)ほど。

上記のモデルの容量が1TB(テラバイト)なので十分です。

1TBの外付けSSDで2万円を切るモデルは他にほとんどありません。

しかも、USB3.1(Gen1)での接続に対応。

そして、SSDのもうひとつのメリットは小さいコト。

SSD-PG1.0U3-B/NL

 

 

この写真の右上の黒い箱です。

従来のハードディスクより小さく軽く振動に強くクラッシュの心配無し。

確かにハードディスクより価格はまだ高いですが、1TB で2万円弱。

 

ボクは、昔からの写真はDVD-RAMに保存しています。

DVD-RAMは他のDVD-Rなどと違って無機系色素。

ただし、両面で9GBしかありません。

またDVDの時代も終わりつつあります。

いつか、新しいメディアに移す必要がありました。

だからと言って、安全性の高いDVD-RAMから、クラッシュの心配のあるハードディスクに移すのは、保存と言う意味では意味がありません。

今回、SSDを導入したコトで、かなりの確率で安全な保存場所を入手したコトになります。

そもそも、その写真保存用途以外に、DVDやBlu-rayなんて、ボクはもう、10年近く使っていませんしね。

DVDドライブも処分しようかと思います。

映画や動画はネットで見る時代ですしね。

 

二度と手に入らない写真、動画、アドレス帳は、SSDとクラウドの二重保管。

参考にしてみてください。