読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhone6とiPhone6 Plusの発表を見て、一番すばらしい点と一番ガッカリした点

iPhone ニュース

新型iPhoneに革新性は皆無

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

日本時間の9月10日午前2時。

Appleの発表会で、新型iPhoneが発表されました。

ウワサどおり2タイプ。

iPhone6とiPhone6 Plus。

新機能としては気圧計が付いたくらいで、ほとんどは数値上のスペックアップですね。

待望のNFCも搭載されて、これでiPhoneを店頭でかざせば現金無しで買い物ができます。

ボクは、このブログで、おサイフケータイ機能が欲しいと数年前から書いてきましたが、やっと実現です。

でも、日本ではどこまで対応するんでしょうか。

 

まあ、アレですね。

気圧計以外は、ほぼすべて他社の後追いです。

スペックアップによって、確実に便利で快適になるので、新型を購入する動機にはなりますが、機能面で他社のスマートフォンと比べて優れているかというと微妙です。

と言っても、iOS8との組み合わせでAndroidに劣っているわけでも無いです。

スマートフォンはもはや、成熟した製品なんですね。

品質ではAppleの高品質は他社を寄せ付けないですが。

 

カメラの画素数を増やさずに800万画素のままで維持したのはすばらしいですね。

画素数を増やして画質が落ちるのはホント良くないですから。

 

携帯電話やiPhoneのカメラの画素数について(画素数が多いほど高画質だと思っている人へ) その1 - 非天マザー by B-CHAN

 

レンズも大きくなってF値も良くなっています。

画質は良くなるでしょう。

これで、ますますコンパクトデジカメが不要になります。

iPhone6が他社のスマートフォンに対して一番優れているのがこの点かも。

 

あと、iPhoneはiCloudやMacとの便利な連携が行えるのが他社には無い強みですね。

 

それにしてもですよ。

今回のiPhone6。

とても薄い。

薄さ6.8mm、iPhone6 Plusでも7.1mm。

iPhone5sが7.6mmなので、かなり薄いです。

でも、薄すぎて、カメラのレンズが出っ張っています。

これまでのiPhoneには無かったデメリットです。

正直言って、例えば1mm出っ張るなら、iPhone全体の厚みを1mm厚くして、出っ張りを無くして欲しかったですね。

それで多少でもバッテリー容量も増やせるでしょうし。

 

これがボクがガッカリしたことです。

 

iWatchとウワサされていたウェアラブル端末は、Apple Watchという名前で発表されました。

腕時計をしない(身に付けるモノはなるべく減らしたい)ボクにはたぶん不要ですが、しばらく調べてみたいと思います。

では!

 

関連記事

iPhone6 Plusのフリック入力キーボードのサイズでボクが一番恐れていること - 非天マザー by B-CHAN

Apple Watchが地味な従来の腕時計のデザインで登場した理由とiWatchでない理由 - 非天マザー by B-CHAN

画面サイズが4.7インチと5.5インチのiPhoneが登場したらボクが迷わず5.5インチを選ぶ理由 - 非天マザー by B-CHAN

iOS8でも実現しないiPhoneへの大きな要望はこれ! - 非天マザー by B-CHAN

Appleの方針になぜ注目すべきか。それはシェアの大きい製品がクオリティが高いとは限らないから。 - 非天マザー by B-CHAN

iPhone、iOSの2つの「戻る」にAppleはどう対処するのか? - 非天マザー by B-CHAN