読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhone6 Plusのフリック入力キーボードのサイズで恐れていたことが起こる

iPhone パソコン Android スマートフォン

ユーザーインターフェースとしてのキーボードのサイズは重要 

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

画面のサイズが5.5インチと、かなり大きくなって話題のiPhone6 Plus。

ボクが一番気になるのが文字入力キーボード。

実は2年半前、iPhoneの画面サイズが3.5インチの時代に、こんな記事を書きました。

 

将来のiPhoneの画面サイズが大きくなる事は、簡単な話では無いんですよ意外と。 - 非天マザー by B-CHAN

 

まずは従来のiPhone5sまでのキーボードを見てください。

4インチです。

iPhone5s

 

この快適なフリック入力のキーボードをそのままiPhone6 Plusの画面サイズに当てはめると、次のようになります。

iPhone6 Plus

 

お気づきのように、画面サイズは大きくなりましたが、キーボードのサイズは同じです。

上記の画面ではキーボードを右側に寄せてあるので、右手でフリック入力する人用ですね。

左手で入力する人は左側に寄せる表示があれば良いわけです。

Androidのスマートフォンでは一般的な方式です。

 

しかし!

いくつかの記事を読むと、なんと、画面サイズの拡大とともに、キーボードも大きくなるっぽいです。

 

「iPhone 6 Plus」の予約にちょっと待った!片手フリック入力は不可能に近いらしい | gori.me(ゴリミー)

 

片手で使える?:2つのiPhoneをどう選ぶ?――「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」に触れてみた - ITmedia PC USER

 

これはマズいです。

例えばパソコンの世界ではキーボードの標準サイズはキーの横幅が19mmです。

小さなパソコンでは仕方なくキーを小さくして詰め込むことはありますが、キーを大きくしたなんて話は聞いたことがありません。

例えばMacで言うと、iMacでもMacBook ProでもMacBook AirでもMac miniでもキーピッチは19mmで統一されています。

 

VAIO Proの11インチ版の惜しい点 - 非天マザー by B-CHAN

 

パソコンが大きいからってキーを大きくしたら入力が難しくなります。

しかしiPhone6 PlusではAppleらしからぬというか、画面に合わせてキーも大きくしてしまったようです。

iPhone6 Plus大きなキーボード

 

当然、指を移動させる距離が大きくなってしまい、入力が困難になります。

左右の端まで指が届くのでしょうか。

幸いにも、新しいOSであるiOS8では、他社製のキーボードに差し替えができるようになります。

どこまでカスタマイズできるのかは、今のところ不明ですが、まさかキーのサイズは固定と言った制約は無いですよねえ。

キーを従来のiPhone5sまでのサイズと同じにして左右に寄せるような表示ができることを祈るばかりです。

もっと言えば、キーのサイズを自由に拡大縮小して、ユーザーが自分の指のサイズに合うように設定できるのがベストです。これもAndroidでは実現しています。

はたして、どうなるかはiOS8のリリース待ちですが、不安と期待が入り乱れているところです。

9月17日のiOS8の登場まで、大好きなハウスフルーチェもノドを通らない日々が続きそうです。

 

関連記事

iPhoneでの日本語入力を劇的に高速化するには、これとフリック入力を併用する - 非天マザー by B-CHAN

スマートフォンの使い勝手を劇的に向上させるフリック入力をマスターしよう - 非天マザー by B-CHAN

iPhoneユーザーの皆さん、iOSのキーボードの設定を変えると劇的に楽になります - 非天マザー by B-CHAN

iPhone6とiPhone6 Plusの発表を見て、一番すばらしい点と一番ガッカリした点 - 非天マザー by B-CHAN