非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

AmazonのKindleアプリでPrime Readingボタンを使っていますか?

Prime Reading

 

 

大量に読書をするB-CHANです、こんにちは。

ここ10年近く、ほぼすべての読書は電子書籍です。

電子書籍のおかげで、大量の本をスマホで持ち歩けるようになり、ちょっとしたスキマ時間にサッと読めるようになりました。

大量に読めるようになったのは、電子書籍のおかげなのです。

荷物も減って大助かり。

 

www.b-chan.jp

 

 

電子書籍が、わずかなデメリットもありますが、基本的にボクのような読書家にとってメリットだらけなのです。

 

今回は、そんな電子書籍の中の、Prime Readingのお話。

 

Amazonにはプライム会員と言う制度があります。

今の年会費は4,900円。

プライム会員の特典はここに記載されています。

 

amzn.to

 

 

年会費から見れば、特典が多く、世間相場から考えるとオトクなサービスです。

数ある特典の中のひとつが、Prime Readingです。

 

これは、対象の本を読み放題と言う特典です。

 

 

KindleアプリでPrime Reading書籍を探す

 

 

Kindleの一般の電子書籍は、iPhoneのKindleアプリ内で購入できないのですが、Prime Reading対象本は、Kindleアプリ内で探せます。

 

Kindleアプリを起動したら、画面下部の「カタログ」を押し、上に表示された、Prime Readingを押します。 

Prime Readingボタン

 

 

すると、Prime Reading対象書籍だけのカタログになります。

これは、雑誌。

新着タイトル

 

 

これは、ビジネス・経済の人気タイトル。

ビジネスタイトル

 

 

これは、その他、洋書などのタイトル。

その他タイトル

 

 

対象書籍数で言えば、Kindle Unlimitedの方が圧倒的に多いんですが、Prime Readingでも、そこそこの人気タイトルは揃っています。

Kindle Unlimitedでも月額980円なので、月に1冊買う人ならば、Kindle Unlimitedに登録しても良いんですが、プライム会員の人は、ぜひ、このカタログを使ってみたいモノです。

10冊まで同時に並行して読むコトができます。

10冊を超える場合は、どれかを本棚から外す必要があります。

ちなみに、最初の画像でわかるように、Kindle Unlimitedのボタンもあるので、Kindle Unlimited会員の人も、Kindleアプリ内で対象の本を探すコトができます。

 

この本なんて、わりと最近のヒット本なんですが、Prime Readingの対象なんですよね。

ボクも少しずつ読んでいます。