非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

LINE証券とOne Tap BUY

小さな金額で株式投資が可能

 

 

LINE証券アプリがiPhoneにも登場しましたね。

あらかじめ選定された100社の株を1株単位で買えるのが特徴だそうです。

一般的には、株は1単元が最低売買単位です。

例えば、トヨタ自動車のケースを見てみましょう。

 

stocks.finance.yahoo.co.jp

 

 

日々、株価は変動しますが、これを書いている時点では、6,869円です。

そして、同じページに書いてあるように単元は100です。

つまり、トヨタ自動車の株を買うには、686,900円が最低でも必要なわけです。

これは、個人投資家にとっては小さくない金額ですよね。

株価が高ければ高いほど、購入に必要な資金量が増えるため、なかなか買うコトができず、したがって、売買の動きが減ります。

新しい株主の参入が難しくなるわけですね。

株主は、当然のように、その会社を応援するので、会社にとっては、新規の株主をどんどん獲得したいはずです。

なので、株価が高くなれば、たまに、株式分割を行うわけです。

例えば、1株から2株への株式分割なら、株価は半分になります。

これで買いやすくなるので、実際、買う人が増え、それに伴って、株価も上がります。

なので、一般的に、株式分割は、株価上昇の狙い目と言われるわけです。

 

LINE証券は、単元では無く、1株単位で買える仕組みです。

なので、トヨタ自動車の株を6,869円で買えるわけです。

LINEはユーザー数も多いので、多くのユーザーが参入する可能性があり、もしかしたら、日本の株価上昇のきっかけになるかも知れません。

 

 

One Tap BUY

 

 

ちなみに、ボクは、スマホ専用の、One Tap BUYと言うアプリを使っています。

これも証券会社なんですが、主な特徴は、

 

  • 1,000円単位で買える。
  • 米国株を買える

 

です。

もうこれだけでボクは、入会を即決しましたし、じゃんじゃん米国株を買っています。

なにせ、LINE証券よりもも気軽に買えるケースが多いからです。

1,000円です。

仮にトヨタ自動車の株を1,000円だけ買ったと仮定しましょう。

すると、

 

1,000円 ÷ 6,869円 = 0.14558株

 

の株主となるわけです。

ボクはこの、定額で買えると言う点が画期的だと思っています。

LINE証券も画期的ですが、1株単位だと、会社によって違いますし、同じ会社でも変動します。

しかし、One Tap BUYなら常に1,000円。

なので、1,000円が手元に余れば、サクッと買えるわけです。

 

あと、ボクは個人的には米国株中心。

アメリカは経営者が株主を強く意識した政策を採りますし、日本とは逆で今後数十年間、人口は増えますし、過去のチャートもほぼ右肩上がり。

 

ここで、期間「すべて」を押してみてください。

jp.tradingview.com

 

 

ドルと言う強い通貨を持っている点でも、為替の面で長期的に有利だと見ています。

負債が積み上がっている日本の円よりは。

まあ、あくまで確率論ですが、トータルで考えると、長期的には米国株は投資に有利だと思っています。何の保証もしませんが。

 

そして、定額で投資できると言うコトは、ドルコスト平均法が使いやすいです。

 

www.b-chan.jp

 

 

そんなわけで、One Tap BUYをすでに使っているボクは、LINE証券は様子見と言ったところです。