非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneで高圧縮で撮影した画像(HEIF)、映像(HEVC)をWindowsで見る

HEIFとHEVC

 

 

ボクはiPhoneを仕事でもフル活用。

iPhoneのカメラなんて使わない日は無いほどです。

一眼カメラと比べると、最新のiPhoneのカメラの画質なんて足下にも及ばないくらい見劣りしますが、スマートフォンの中ではiPhoneのカメラ画質は最上級クラスなので、手軽に持ち歩けるカメラとしては最高なんですよね。

 

長い間、画像の標準的なフォーマットは、jpg形式でした。

もっと高画質なフォーマットもあるんですが、ファイルサイズがとても大きくなってしまいます。

jpgはほどほどに高画質とほどほどに小さい容量とのバランスがとれているので普及したんですね。

 

一方、動画の方は、時代と共にフォーマットは移り変わっています。

最近の標準的なフォーマットは、H.264と呼ばれるモノです。

 

しかし、最新のiOS 11では、画質を保ったまま、さらに高圧縮なフォーマットに対応しました。

 

  • 画像は、HEIF
  • 動画は、HEVC

 

と言うフォーマットです。

最新のiPhoneを使って写真や動画を撮るなら使わない手はありません。

使い方はカンタン。

 

 

撮影時のフォーマットと転送時のフォーマット 

 

 

まずは、iPhoneで高圧縮のフォーマットで撮影するための設定をします。

「設定」アプリを起動し、「カメラ」「フォーマット」と進みます。

 すると、こんな画面になるので、「高効率」をタップ。チェックマークが付きます。 

種類

 

 

高効率にしておけば、撮影時に、より圧縮率の高い、つまり、ファイルサイズの小さい、HEIFやHEVCで記録されます。

 

この、HEIFやHEVCは将来的には普及していくと思いますが、今のところは、iPhoneやiPadくらいでしか見ることができません。

ボクは仕事でWindowsパソコンを使うので、iPhoneで撮影した写真や動画をWindowsパソコンに転送することが多いんですが、HEIFやHEVCで撮影してしまうと、Windowsパソコンでは見ることができません。

困りますね。

そこで、次の設定。

「設定」アプリから、「写真」へと進みましょう。

その一番下に、「MACまたはPCへ転送」と言う項目があります。

そこを「自動」にしておきましょう。

そうすると、HEIFやHEVCで撮影した写真や動画をWindowsパソコンに転送するときは、自動的に、従来のjpgやH.264ファイルに変換してくれるので、Windowsパソコンで見ることができるんです。

「元のフォーマットのまま」を選択してしまうと、WindowsパソコンにもHEIFやHEVCファイルのままで転送されてしまいます。

転送

 

 

ちなみに、日本時間の9月26日は、Macの新OSである、High Sierraが配信開始されます。

High SierraではHEIFやHEVCはサポートされるようですね。

 

 

iPadに入っていたiOS 11がホンモノでは無いっぽいので初期化

iOS 11が怪しい

 

 

iPhone 8シリーズが発売されました。

それに先行して日本時間の9月20日にiOS 11が配信開始されました。

ボクが持っているのは、iPhone 7 PlusとiPad Air 2。

iPhoneの方には予定どおり9月20日にiOS 11をインストールしました。

一方のiPad。

ボクはiPadはメインでは無く、半ば実験的に使っているので、以前からiOSのベータプログラムに参加していました。

なので、正式なiOS 11が公開される前からiOS 11のベータ版を使っていました。

 

Appleのイベントが開催されたのが日本時間の9月13日午前2時から。

ボクはそれをリアルタイムで見ていました。

そして午前4時頃にイベントは終了したんですが、終了直後にiPadでソフトウェア・アップデートを確かめてみると、ご覧のとおり、iOS 11のダウンロードが可能になりました。

アップデート

 

 

ベータ版ともGM版とも書かれていないので、もしかしたらベータプログラム参加者は先行して正式版がダウンロードできるのかなと思いながら、インストールしました。

そこから今まで普通に使えています。

正式な配信開始日である9月20日を過ぎてから念のためにソフトウェア・アップデートを確認しても、最新です、の表示が出るだけ。

正式版が公開された後に、最新である旨の表示が出てるってコトは、やはりボクがインストールしたのは、ベータ版でもGM版でも無く正式版なんだな〜と思っていました。

 

 

旧バージョン

 

 

ところが、今日になって、Measureと言うアプリのアップデートをしようとしたら、こんな表示が。

旧バージョン

 

 

Measureの最新版をインストールするためには、iOS 11.0以降が必要とのこと。

あれ?

てことは、ボクのiPadに入っているのはiOS 11じゃないのか?

なんて思いながら情報画面も確認。

最新

 

 

情報

 

 

うーん、これらの画面を見る限り、ちゃんとiOS 11が入っているんですけどねえ。

なのに、iOS 11が要求される。

もしかして、ボクのiPadに入っているのはiOS 11の正式版では無くGM版?

でも、だとしたら、すでに正式版が公開されているんだから、ボクのiPadにもインストールできるはず。

なのに、最新版が入っていると表示される。

おかしいですよね。

 

そこで、どうしたか。

そうです。iPadの初期化です。

実験用のiPadなので、そんな使い方が可能。

いったん、iPadを全消去して、最初からインストールし直し。

 

実際には作業を始めたのは真夜中。

すべてのアプリが復元されるまでは時間が掛かるので、寝ている間に完了するのを待とうと思います。

と言うわけで、この記事を書いているのは真夜中。

結果はまだわかりません。

朝になればおそらくわかるので、次回の記事で書こうと思います。

 

復元中の様子。 

復元中

 

最高の憲法9条を廃棄しようではないか

目的

 

 

日本国憲法第9条については、国内の意見が真っ二つです。

憲法9条をカンタンに言えば、戦争もしないし戦力も持たないよ〜、ってことです。

それに対して、

 

  • 平和憲法だから守ろう
  • 戦えないから国を守れない

 

と言う、両方の意見があります。

ボクは、そんな日本国内でよ日本人同士の争いを見ていて思うことがあります。

それは、

 

  • 手段の争い
  • 目的の争い

 

は別ってことです。

 

 

手段

 

 

そもそも、目的は何でしょうか。

それは誰もが同じはず。

平和ですよ、平和。

戦争を目的とするのは一部の政治家や軍人、死の商人だけ。

ほとんどの人は、目的としての平和を掲げます。

 

では、平和を維持あるいは達成するためにどうするか。

それが手段ですね。

 

実は憲法9条の内容は最高の手段なのです。

もし、世界中の全ての人、全ての国家が憲法9条の内容を支持すれば、そもそも戦争は起こりません。

最高の理想世界においては、憲法9条に何ら問題は無いですし、むしろそれを問題と感じる人の方に問題があるわけです。

 

しかし現実世界は違います。

憲法9条を掲げているのは日本だけ。

だからバランスが取れません。

他国から戦争を仕掛けられても、なすすべがありません。

 

勘違いしている人が多いんですが、憲法9条自体はすばらしい内容です。

憲法9条には問題は無いんです。

憲法9条を世界の全ての国が持たないことが問題なんです。

なんだか世論としてはまるで憲法9条自体が悪いと言ってるような風潮がありますが、論点がズレてます。

 

残念ですが、人間は愚かでバカな生き物です。

世界中全ての人に憲法9条を支持させれば戦争は無くなるんですが、愚かな人間はそんなことはしないでしょう。

てことは、日本は今のままでは、いずれ平和が脅かされます。

それを防ぐためには、憲法9条を見直さざるを得ませんね。

すばらしい内容である憲法9条を、人間が愚かと言う理由で見直す、それにボクは賛同します。

つまり憲法改正支持ですね。

仕方ないですよ、人間は愚かでバカな生き物ですから。

すばらしいモノを自ら捨てて、そして自分でクビを絞める。

それが人間です。

がっかりですね。

 

同じ日本人同士が、同じ平和と言う目的を掲げながら、手段が違うと言うだけで争ってる。

 

ね、がっかりでしょ。

 

 

人身事故の89%は時速40キロ以下で発生と言う記事にモノ申す

交通事故

 

 

このブログでは過去に何度も、ロジカルシンキングの話題を書いて来ました。

 

www.b-chan.jp

 

 

今日は、そんなブログにピッタリの記事を見つけました〜。

まあ読んでみてください。

 

www.webcartop.jp

 

 

ね、おかしいでしょ?

気付きました?

ボクが言っているのは信じるとか信じないとかの低次元な話ではありません。

論理的におかしい点です。

 

事故全体の中で、時速20キロ以下での事故は61%。

20キロ超で40キロ以下での事故は28%。

 

だから低速の方が危ないんだと言う主張です。

 

 

集団

 

 

うーん。

じゃあ、こんな事例を書きましょう。

 

2つの集団がいます。

A組とB組と名付けましょう。

 

A組には犯罪者が3人います。

B組には犯罪者が30人います。

 

てことは、B組の方が悪い集団でしょうか。

それは必ずしも言えません。

集団の人数、つまり母数が書かれていないからです。

では母数を書きます。

A組は5人。

B組は100人です。

これでどうでしょうか?

A組は5人のうち3人が犯罪者。

B組は100人のうち30人が犯罪者。

実はA組の方が悪いんですね〜。

 

何かの件数で善し悪しを判断することはできません。

その母数が必要です。

 

日本には約6千万人の女性がいます。

中国には約5億人の女性がいます。

なら、中国の方が女性大国と言えるでしょうか。

違いますよね。そもそもの人口が全然違うんですから。

 

 

速度

 

 

と言うわけで、冒頭の速度の記事もカンタンにおかしさに気付きますよね。

20キロ以下で走っているクルマと60キロ超で走っているクルマの数が全然わからないのに、事故の件数だけで危険度を比較しています。

 

世の中には、このように、書いた本人もおかしさに気付いていない記事がたくさんあります。

テレビなんかでも、ロジックとしておかしな話題のオンパレード。

作っている本人がロジカルシンキングができないので仕方ないんですけどね。

 

みなさんが心がけるべきは、テレビや本などの情報を鵜呑みにしないことです。

自分でしっかりロジカルシンキングを行って、その正誤をしっかりと判断する能力を身に付けてくださいね。

 

 

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルで4K動画、5K動画を見るために

4K

 

 

最近は4Kテレビが主流です。

数年前まではフルハイビジョンテレビが主流でした。

何が違うんでしょうか。

画面の解像度が違います。画面のサイズは同じでも細かさが違うのです。

画素(ピクセル)数が多いんです。

 

フルハイビジョン(2K):横1980 × 縦1080

4K:横3840 × 縦2160

 

縦も横も2倍になっているので4倍のピクセル数です。

 

ボクはiMacを購入するまでは2Kのディスプレイを使っていたので、4Kの映像を見ることはできませんでした。

しかし6月に買ったiMacは5K。

 

www.b-chan.jp

 

5Kなので当然、4Kの映像を楽しめます。

手っ取り早く4Kの映像を楽しむにはYouTubeが一番ですね。

 

例えば、この動画は4Kに対応しています。


Shibuya, Tokyo, Japan 4K (Ultra HD) - 渋谷/東京

 

 

ただし、YouTubeの動画を見るときに気を付けなければならないのは、きちんと設定しないと4Kの映像が見られないと言うことです。

 

動画再生画面の右下に歯車のアイコンがあるのがわかりますか?

無ければマウスカーソルを1回当ててみてください。

すると歯車の形のアイコンが登場します。それをクリックしましょう。

歯車アイコン

 

 

すると、このようにメニューが出て、その中に「画質」と言う項目があるのでクリック。

画質

 

 

すると、画質をいくつか選べます。数字は縦方向のピクセル数を表します。

一覧

 

 

今回は4Kの動画を見たいので2160pを選んでください。

それによって、4K対応のディスプレイやテレビを持っている人は4Kの本来の高画質で見ることができるわけです。

逆に言えば、他の数字を選んでしまっていると、せっかくの4K動画なのに低い画質で見てしまっていることになります。

 

実際に最大の高画質で見るためには全画面表示をする必要があります。

右下にある全画面表示のためのボタンを押しましょう。

全画面ボタン

 

 

見られる人は実際に上記の動画を4Kで見たり他の数値で見比べてみてください。

全画面で4Kの画質だとホントに臨場感がありますよね。

 

 

iMacは5K

 

 

ちなみに、27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルはその名のとおり5Kです。

 

フルハイビジョン(2K):横1980 × 縦1080

4K:横3840 × 縦2160

5K:横5120 × 縦2880

 

わかるでしょうか。

世の中にたくさんある27インチの4Kディスプレイと比較して、iMacの27インチディスプレイは、大きさこそ同じですが、さらに高い解像度を誇るのです。

 

てことは、iMacの画面では、4Kの動画がすっぽり収まり、さらに余白ができるので、アプリのメニューや操作パネルを置いたり、他のアプリも同時に表示する余裕があるってコトですね。

そのあたりはさすがにAppleっぽいと言うか、操作のことをよく考えていると言うか。

 

逆に27インチiMacで4K動画を全画面で見ると、さらに引き伸ばして見ることになるわけです。

ドットバイドット(←意味は自分で調べてください)では無いので、厳密には画質に影響はあるんですが、解像度が高すぎて影響はありません。

 

ちなみに、5.5インチ画面のiPhoneも実はドットバイドットでは無いって知ってました?

 

www.b-chan.jp

 

と考えると、27インチiMacで全画面動画を見るのなら5K動画が最適です。

そこで探してみました。

いくつもありました。

例えば、これ。


【初5K動画】ILCE 6300L PHOTOS

 

 


Snow Monkeys in Japan 5K Retina 60p (Ultra HD)

 

 

5Kなので、2880pが選べます。これで全画面表示にして見てください。

5K

 

 

5Kの動画は世の中にあまり出回っていないので、iMacの5Kモデルユーザーの特権ですね。

まあ4Kも十分に美しいですが。

ちなみに8Kテレビも登場し始めていますが、普及するのはまだ先になるでしょう。

 

www.b-chan.jp