読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

テレビを見るより読書した方が良い理由

つぶやき 書籍

テレビのチカラ

テレビ

 

 

ボクはテレビを持っていないと言う話を何度書いたでしょう。

まあ驚かれますよ。

だって、自宅にテレビが無い人なんてほとんどいないでしょ?

 

世の中の大勢の人と同じことをするな。

人と違ったことをしろ。

 

このありきたりなセリフ。でも実際に実行する人は少ないですよね。

実際に実行する人が少ないから、世の中の大勢の人になっちゃうわけです。

そう言う意味では、ホントにテレビを持っていないと言う少数派であるボクは、希有な存在かもしれません。

 

で、よく勘違いされるんですよ。

ボクはテレビがキライなんだと。

 

違うんですよね。

そう言うツマラナイ理由でテレビを見ないわけではありません。

 

次の2つの選択肢があった場合、あなたはどちらを選びますか?

 

Aと言う商品を1000円で売っているB店で買う。

まったく同じAと言う商品を1500円で売っているC店で買う。

 

単に価格が違うだけです。

もちろん、あなたを含め100人が100人ともB店で買うでしょう。

 

理由は簡単。B店で買う方がオトクであり、C店で買うと損だから。

それだけですね。

人は合理的な行動を採るのです。

損得が明確にわかっている選択肢があれば、トクな方を選ぶのです。

 

で、ボクもまた、トクな道を進んでいるだけ。

 

時間は二度と戻りません。貴重な存在です。

その貴重な時間を使ってテレビを見ることは、自分にとって大損なんですよね。

 

テレビ本体を買うのって消費です。

テレビに使ったおカネは二度と戻ってきません。

また、テレビを見るのにはそれなりに大きな消費電力が必要で、当然、電気代がその分かかります。

テレビから出る光は目に悪影響を与え視力を押し下げます。

ブルーライトは睡眠に悪影響を与え、ひいては健康にも悪影響を与えます。

 

そして何と言ってもテレビを見て得られる情報の希少性の無さ。

なにせ国民の大多数がテレビを見ているわけです。

つまり、たいていの人はテレビで流れていることを知っているわけですね。

そりゃ、いくつかのチャンネルはありますが、せいぜい数チャンネル。

それぞれのチャンネルを数百万人から数千万人が見てるわけです。

 

テレビを見て得た知識を人に自慢しようとしても、

 

「それ知ってるよ。」

 

と言われるのがオチですね。

テレビの情報を知識として蓄積しても、何の専門性も無く希少性も無いわけです。

大勢の人が知っている情報ですから。

 

当たり前ですが、そうやって生きている人の脳に蓄積されるのは、凡庸かつ平凡な情報。

しかもテレビにはもうひとつの大きな問題があって、それは視聴者が視聴するための努力を要しないと言うことなんです。

なにせ視聴者が何もしなくても、自動的にテレビはどんどん進みます。

映像は流れ続けるのです。

完全に受け身なんですよ、視聴者は。

 

大勢の人が知る情報を受け身で視聴する。

そんな毎日を送っている人は、そう言う人間になるんですよ。

で、

 

テレビで紹介されたお店だ!

芸能人が言ってた商品だ!

 

と完全にコントロールされて生きるわけです。

マインドコントロールですね。

もちろん、マインドコントロールされている本人は自分がマインドコントロールされていることに気付きません。

マインドコントロールされているんだから気付かなくて当然です。

もしあなたが毎日、テレビを見て、テレビで紹介された店なんかが気になっているのなら、そして、自分はマインドコントロールなんてされてないと思っているのなら、それは見事にマインドコントロール成功です。おめでとうございます。

 

読書のチカラ

 

読書はテレビの視聴と違って能動的です。

自分の意思で読まないと進みません。

毎日読書する習慣を身に付ければ、それは非常に能動的な人格ができあがると言うことです。

ラクなテレビに走るか、それとも積極的に自分の意思で読書を始めるか。

それだけでも人間性の違いが明確になってきます。

 

もちろん読書に電気代は不要です。

そもそも読書には何万円もするテレビすら不要です。

そして、読書は自己投資になります。

単なる消費であるテレビの場合、その代金は戻ってきませんが、自己投資である読書は、そこから得られる情報やノウハウで、読者の能力が上がり、そのスキルアップにより、将来の年収が上がったり、収入を得ることができるようになる可能性を秘めています。

 

テレビと違って本の選択肢は非常に多く、だから、その本から得られる情報はテレビとは比較にならないほど希少価値があります。

つまり本を読めば、ほとんど誰も知らない知識を身に付けることができるわけです。

その他大勢とは違う希少な人間になれるわけですね。

専門性とも言います。

本を原作としてテレビ番組化されるケースもありますが、それもまた能率・効率が全然違います。

本なら2時間で読める内容も、テレビだと過剰な演出により、数週間にわたって放映されます。

ムダですねえ。

しかもテレビだと映像化されてしまうので、イマジネーションが限定されます。

本だと活字から自分の脳が想像するので、イマジネーションが鍛えられるんですよね。

だからテレビの作られた映像よりずっと世界が広がりますし、そもそも脳の鍛えられ方も全然違います。

脳が進化する読書と脳が劣化するテレビ視聴の違いです。

 

本と言うのは著者が何時間も何日も何ヶ月も何年もかけて経験したり調べたりして書き上げたことが凝縮されています。

それがたったの数百円数千円で数時間で読めてしまえるわけです。

コストパフォーマンスが非常に高いんですね。

希少な情報を得られて自分の脳も鍛えられて、しかもハイコストパフォーマンス。

 

毎日ダラダラとテレビを見る人。

毎日能動的に読書する人。

 

そりゃ、スキルも変わりますし、収入にも差が付いてきますよ。

 

テレビをダラダラ見て裕福になれるのならハッピーですが、そう言う人はいません。

テレビをダラダラ見てても、別の何らかの原因(相続とか)で裕福になったひとはいるかもしれませんが、それは偶然であり、テレビをダラダラ見たことで裕福になったわけではありません。

 

結局、ボクなんかは、貧しい生活よりも、裕福な生活を望んでいるので、テレビを見ることは圧倒的に損なんですよ。

繰り返しますが、時間は二度と手に入りません。

何の生産性も無いテレビ視聴に時間を費やしても、人生はもう戻らないのです。

 

明日が人生最後の日だとしても、テレビを見て過ごしますか?

 

と訊いたら、ほとんどの人が違うことをすると答えるでしょう。

それくらいテレビ視聴は人生において優先度・重要度が低い行為なんですよ。

 

実際に日本では1日に3000人ずつ亡くなるので、明日が人生最後の日である人も3000人いるわけです。あなたかもしれないしボクかもしれない。

なのに今日もまたテレビを見てダラダラと終わってしまった。

もったいなくないですか?

 

ボクにしてみたら、大損ですよ、貴重な人生をテレビ視聴で失ってしまうなんて。

 

そうです。好き嫌いの話じゃないんです。

単に損得の話です。

わざわざC店で買うのを選ぶのと同じことです。

 

ほんの60年から70年前まで、人類はテレビなんて無い生き方をしていたわけです。それが何万年も何十万年も続いていました。

明らかに伝統も利益も無い文化なんですよね、テレビ視聴って。

 

この文を読んで、何かに気付いて、今から人生を変える人は、きっとプラスになりますよ。

収入も増えるでしょうし、テレビを見なくなったことで空いた時間を使って新しい人たちとの交流も増えるかも知れません。

 

こんなことを前向きに書けるのも、ボクがたくさんの読書をしているからです。

あとはあなた次第。

B-CHANってバカだな、と思ってこれからもこれまで通りの習慣で生きるのもあなたの自由。

何かを感じ取って変えていくのもあなたの自由。

その結果、何かを得られても何かを失っても、それは自己責任です。

 

 

iPhone使い方教室……その2.使い方の例

iPhone

iPhoneの用途

iPhone

 

 

iPhoneの使い方の連載を書くと宣言しました。

今回は、ボクが日々、何にiPhoneを使っているかを書いてみます。

 

周りのほとんどの人たちはスマートフォンを所有はしているものの、具体的に活用している人は少なくて、単に電話機とメールかLINEくらいしかやっていないようです。

 

もったいない!

 

例えば、みんなのデスクには卓上カレンダーが置かれています。

仕事で使うんですよね。

ボクはもちろん無し。iPhoneのカレンダーがあるからです。

仕事の予定はみんな、紙の手帳に書いていますね。

ボクはもちろんiPhoneのカレンダーに書いています。

これによって、卓上カレンダーも紙の手帳も不要になりました。

iPhone1台でどちらも兼ねていますから。

しかもイベントの予定時刻が近づけばiPhoneが通知してくれます。

 

仕事のメールももちろんiPhone。

複数のメールアカウントを登録しておけば、仕事もプライベートも1台でOK。

 

電話ももちろんiPhone。

ただ、電話だけは会社から別途電話機が支給されているので、それとiPhoneの2台持ち。

残念です。不便です。

 

朝、自宅を出て駅に着いたら、ApplePayで電車に乗ります。もう定期入れも財布もいらないですね。

複数の電子マネーとかクレジットカード、ポイントカードもiPhoneに登録してあるので、買い物もほぼiPhone。

むしろ、今も現金でしか買い物ができない店がうっとうしいです。

 

電車での移動中はiPhoneで本を読んでいます。

主にAmazonのKindleアプリ。

読書、勉強はiPhoneでほぼ完結する時代です。

 

言うまでもなく時計もiPhone。腕時計を付けなくなって何年経ったでしょうか。

 

カメラももちろんiPhone。写真も動画も十分なクオリティで撮れます。

音声の録音、つまりボイスレコーダーもiPhone。

 

あと、Googleマップアプリにボクは仕事の場所を数多く登録してあるので、移動も効率よく行っています。

Googleマップを使わない日はほとんど無いですね。

 

Twitterもよく目を通します。

ボクは使っていないんですが、人によっては、LINEやFacebookなども必要でしょう。

もちろんこれらもすべてiPhone。

 

仕事でよく使うものと言えば計算機ですが、これももちろんiPhoneです。

 

国語辞典、英和・和英辞典などの辞書類もすべてiPhoneです。

 ブログを書くのもiPhoneです。

 移動中に英語を聞くのもiPhone。

 ヤフオク!もiPhone。

 ニュースのチェックもiPhone。

歩数計もiPhone。

銀行の送金や株式取引などもiPhone。

天気予報もiPhone。

 

MacやiPadとの連携が便利

 

まあとにかく1日の生活でiPhoneが無いと困ることだらけです。

逆に言えば、電卓とか手帳とか時計とかカメラとかカレンダーとか紙の書籍とか辞書とか音楽プレーヤーなんかは別に買う必要がありません。

 

あと、世の中には、パソコンはWindowsでスマホはiPhoneと言う人が非常に多いと思いますが、それだとちょっと不便なんですよね。

 

同じAppleアカウントのiPhoneとMacやiPadだと非常に便利です。

例えば、iPhoneで見ていたウェブページをすぐにMacで見られたり、iPhoneで書きかけていたメモを即座にMacで続きが書けたり。

これ、iPhoneとWindowsパソコンの間でやろうと思うとちょっと面倒ですよね。

iPhoneで書きかけたメモをメールに貼り付けてWindowsに送信するような作業が必要ですから。

 

冒頭に書いたように、せっかくiPhoneを持っているのにメールとかSNSくらいにしか使っていない人。

もったいないです。

高い代金を払っているのに機能のほとんどを捨てているようなものです。

 

ぜひ、この連載を読むなり、ボクに聞きに来るなりして、活用してくださいね!

 

 

おカネが貯まる人の考え方。税金のタイミングを学ぼう。

ファイナンス

収入と資産

 

おカネ持ちって何でしょうか。

年収が高い人なのか。

貯金が多い人なのか。

 

実は年収が高くてもおカネ持ちじゃない人って意外と多いんですよね。

なぜか。

それは、おカネを使ってしまうからです。

ボーナスが出たからあれを買おう!

そう言うタイプ。

年収が上がれば、それだけぜいたくな暮らしになってしまう人です。

年収が低いうちはクルマも買えなかったのに、年収が上がるとクルマを買い、さらに高年収になると、高級車に乗り換える。

これが何を意味するかわかりますか?

そうです。

プラスマイナスが全然変わらないってことです。

例えば、

年収300万円の人が何とか支出を280万円で済ませば20万円の貯金ができます。

じゃあその人が年収500万円に上がったら。暮らしがぜいたくになって支出が480万円に増えます。

結果、貯金は20万円。同じですね。

さらに年収が1000万円に上がったら。もっとぜいたくになって支出が980万円になって、貯金は20万円。やはり同じです。

つまり、年収が上がるのに合わせて、高い家に移り住んで、高いクルマを買い、高い時計を買う。

そう言う人が非常に多くて、全然おカネ持ちになれないんですね。

そんなタイプの人は、ずっと稼ぎ続ける必要があります。

だって、年収1000万円で支出が980万円の人がもし失業したら、1年も生活できませんよね。

蓄えが無いから、翌年以降の生活のために、ずっと稼ぎ続ける必要があるわけです。

 

もし、年収500万円になった人が、年収300万円のときと同じように支出を280万円で済ませば、220万円貯めることができます。

もし、年収1000万円になった人が、年収300万円のときと同じように支出を280万円で済ませば、720万円貯めることができます。

 

すると、失業しても、2年から3年は生活できますよね。

 

これがおカネ持ちとそうで無い人との違い。

年収がどれだけ多いかよりも、どれだけ資産を持っているかが効いてきます。

 

税金を考える

 

おカネ持ちになる人はそのための考え方を持っているんですが、そのうちのひとつである税金について考えます。

 

株とか投資信託をやる人ならわかると思いますが、配当があるタイプと無いタイプがあります。

企業でも、毎期のように配当する企業もあれば配当をしない企業もあります。

投資信託でも毎月分配金があるタイプと無いタイプがあります。

 

で、人気があるのは配当がある企業であり、分配金がある投資信託です。

 

なぜか?そりゃそうです。おカネがもらえるかもらえないかで言えば、もらえる方が嬉からです。

 

そして、それが一般の多くの人が陥りやすい考え方なんです。

おカネ持ちになる人はそうは考えません。

なぜなら、配当や分配金には課税されるからです。

毎月分配金があると言うことは、毎月課税されると言うことです。

投資信託で、もし分配されずに、そのおカネを引き続きその投資信託内で運用に使われればどうなるか。

それがこちらの図です。Excelでサクッと作ってみました。

分配と課税

 

少し字が小さくてスミマセン。

元本は100万円です。

運用利率は10%。税率は20%です。

 

一番上は毎年分配されるタイプ。100万円の元本なので10万円が分配されるんですが20%課税なので手取りは8万円です。

それを10年間運用すれば、総額で80万円の手取りになりますね。右端の水色の欄です。

 

2番目は分配が無くて1年複利で運用するタイプ。10%の利率と20%の課税は同じです。

10年後に1,593,742円が分配されるんですが、ここで初めて課税されます。

その結果、手取りは1,274,994円。

 

3番目は分配が無くて半年複利で運用するタイプ。

10年後に1,653,298円が分配されるんですが、やはりここで課税されて1,322,638円が手取りです。

 

  • 毎年分配型の手取り = 80万円
  • 分配無しで1年複利型の手取り = 1,274,994円
  • 分配無しで半年複利型の手取り =1,322,638円

 

 

いかがですか。

10年間運用すると、こんなにも手取りが変わるんです。

税金の繰り延べ効果と複利効果のおかげです。

 

目先だけを見れば、毎回分配される方が嬉しい気がしますが、トータルで見れば、かなり不利なんですよね。

 

www.b-chan.jp

 

多くの人は、食べログのような評価サイトとかテレビの報道を気にします。

つまり、ネットやテレビで人気があるモノに飛びつくんですよね。

でもそれってホントにオトクなんでしょうか。

 

世の中には庶民が大多数でおカネ持ちは一部だけです。

大多数のやることを真似ていては大多数の人と同じにしかなれません。

ネットやテレビで人気があるモノに飛びつくと言うことは、すなわち、大多数の人と同じことをすることに他なりません。

しかも遅れて飛びつくことになります。

 

もしあなたがおカネ持ちになりたい願望があるなら、その考え方は捨てることです。

大多数がやっていることでは無く、少数の人たちの考え方を参考にすることです。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

 

注意!賃貸住宅を契約する人は鍵交換に気を付けよう。

不動産 建築物 ビジネス

鍵の問題 

鍵

 

 

毎年、1月から3月は賃貸住宅の契約の繁忙期です。

大学に入学する人や新社会人が新居に引っ越すからです。

 

ボクのように不動産業に携わり、しかも自身が何度も引っ越しを経験していればわかるんですが、一般の人にはあまり知られていない鍵の話をしてみます。

 

賃貸住宅は自己保有の住宅と違って、住人が何度も入れ替わります。

つまり、建築されて最初に住む人以外は中古の建物に住むわけです。

 

今これを読んでいるあなたがもし賃貸住宅に住んでいるのなら、その部屋には以前、別の人が住んでいた可能性が高いですね。

 

ここで問題になるのが鍵です。

 

あなたが住む部屋の鍵。

前の住人が同じ鍵を持っていて、入ってくることは無いのでしょうか?

 

それは基本的には心配ありません。

なぜなら、入居直前に鍵は交換されるからです。

 

ただし、ここからが注意。

 

鍵交換とローテーション

 

鍵を交換するのには2種類の意味があります。

交換するのは、ドアに付いている丸いシリンダーと呼ばれる部品です。

 

 

上記の製品はU9と呼ばれる一番一般的なギザギザのキーです。

で、丸いのがシリンダー。

キーとシリンダーはセットになっているので、シリンダーを交換してしまえば、以前のキーは差し込めません。

 

賃貸住宅の契約をする際によく確認して欲しいんですが、

 

  • 鍵交換
  • ローテーション

 

のどちらであるか、と言うことです。

鍵交換なら、完全に新品のシリンダーに交換されるので、あなたには新品のキーが渡されます。つまり、その部屋のキーを持っているのはあなた(と管理会社)のみです。

 

問題はローテーション。

ローテーションとはその名の通り、鍵を使い回すと言う意味です。

例えば、今回住む部屋が205号室だとします。

そのドアに、以前の801号室に付いていたシリンダーを取り付けるのです。

この場合、考えられるのは、以前、801号室に住んでいた住人が、そのキーのコピー(スペアキー)を持っているケースです。

通常は退去する際に、すべてのキーを管理会社に返却するんですが、スペアキーなんてホームセンターなどで数百円で簡単に作成できてしまいます。

なので、管理会社も住人がスペアキーを作ったかどうかなんて把握しきれません。

スペアキーを作っても住人が管理会社に正直に言わなければ、お手上げです。

そうすると、以前の801号室のシリンダーが、今回、205号室に付いた場合、以前の801号室の住人がスペアキーを使って205号室に入ることができてしまうんですよね。

もちろん、以前の801号室の住人が、今回、そのシリンダーが205号室に付いたなんてことは知らないので、その確率は限りなくゼロに近いんですが、まったくゼロとは言えませんね。

以前の801号室の住人が悪い人で、このマンションに戻ってきて、一部屋一部屋を順番に鍵を開けようとした場合、205号室は開けられてしまいます。

 

これがローテーションの問題点。

だから、ホントはローテーションなんてやめて、すべて新品への鍵交換をすれば良いんです。

でも、高いんですよね。

新品への鍵交換は2万円から3万円程度かかります。

新品のキーとシリンダーの購入代金と鍵交換の手間賃です。

 

新入生や新社会人はおカネを持っていませんし、たかだか6万円程度の家賃の部屋に住むのに鍵交換だけで3万円もとられるのは痛いですよね。

だから、鍵交換では無くローテーションを選ぶ人も多いんです。

 

ちなみに上記のU9キーでは無く、最近はこのようなディンプルキーも増えてきました。

 

 

ディンプルキーは、キーの形状がギザギザではなく、代わりに表面にいくつかの穴が開いているか溝が掘られています。

ディンプルキーはセキュリティ上は非常に安全で、スペアキーを作るにも数千円かかり、しかも住所氏名などの申請が必要です。だから簡単に複製して犯罪に使いにくいんですよね。

 

とは言え、ディンプルキーでも、ローテーションなら、やはり以前の別の部屋の住民がスペアキーを持っている可能性があるわけです。

 

もしあなたがこれから賃貸住宅の契約をしようと思っているなら、鍵のことは注意してください。

できれば、ローテーションでは無く、鍵交換することをオススメします。

 

なお、ローテーションの場合でも、同じマンション内では無く、異なるマンション同士でローテーションすれば、もっと安全だし安上がりなのでは?と思ったあなた。

鋭いです!

確かに正しい意見です。

ただ、残念ながら、賃貸住宅はたいてい、建物ごとに所有者が異なります。

Aマンションの大家さんとBマンションの大家さんは別人です。

だから、当然、それぞれの財産は分別管理しなければなりません。

AマンションとBマンションのシリンダーをごちゃ混ぜにするような管理は、まずありえません。

残念ながらと書いてしまいましたが、きちんとそうしている管理会社は健全ですし、当然のことです。

 

www.b-chan.jp

 

目標を達成しやすくするための手法

つぶやき

日割り

目標

 

 

人間はうまくできていて、何かを達成するためには、目標を明確に設定した方がいいんです。

目標をきちんと設定した人の方が達成しやすくなります。

 

例えば、ダイエット。

世の中にはダイエットをしたい人はたくさんいて、一方でダイエットに成功する人は少ないんですよね。

これは、ダイエットと言う大ざっぱな目的だけが頭にあって、具体的な数値目標と期間設定が無いからです。

1年間で5kgやせる。

こんな感じで期間とゴールの数値を決めます。

1年間で5kgと言うことは、1ヶ月で約417g。

1日で約14gですね。

で、毎日きちんと体重を量って記録を付けていきます。

2日で28g。3日で42g。これが達成ラインです。

これに到達していなければ、調整すれば良いわけです。

3日目で35gしかダイエットできていなければ、次の日は食べる量を7g減らすわけです。

1年間で5kgだけではざっくりなので、日々の活動方針が決まりませんが、それを日割りしてやることで、毎日の活動の目安が出てくるわけです。

具体的な活動量がわかれば、あとは活動するだけ。

 

試験勉強

 

この考え方は試験勉強にも応用できます。

何でもいいんですが、例えば国家資格の宅建は合格までに300時間の勉強時間が必要だと言われています。

すると、朝の通勤時に1時間、帰りの帰宅で1時間、それに帰宅後もしくは昼休みに1時間。

これで1日に3時間を確保できますよね。

それを100日です。

つまり、試験の3ヶ月と10日前にスタートして、毎日毎日、この生活パターンを貫けば合格です。

こうすれば、合格までの具体的な日課が見えますよね。

もし、この数値指針を設定しなければ、日々、なんとなく空き時間に勉強するだけになります。

それだと、自分がいまどの辺りにいるのかが把握しにくいですし、勉強量が足りているのかどうかもわかりません。

 

進捗管理の節目をマイルストーンと呼んだりしますが、何かを達成するためには、このマイルストーンが非常に大事です。

 

すでに新年が始まって1ヶ月半以上が経過しましたが、みなさんの今年の目標は何でしょうか。

目標があっても、ただやみくもに突き進んでいる、あるいは、モチベーションが上がらずに行動できていない。

そんな人がたくさんいると思います。

今からでも遅くないので、マイルストーンを設定して、ゴールまでの進捗管理をしてみてください。

それによってモチベーションが上がり、ゴールへ到達しやすくなります。

 

さらに良いのは、目標を周囲に公言することです。

自分ひとりでモチベーションをキープするのは大変でも、周りの目があれば、やらずにいられなくなります。

 

実りある2017年にしましょう!