非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

給料が安いと嘆く人へ

サラリーマン

 

 

世の中の労働者の大半はサラリーマンです。

サラリーマンは勤務先企業から給料をもらう存在です。

決められた時間を働き、決められた給料をもらう。

誰にでも平等に1日は24時間であるにも関わらず、月給が15万円の人もいれば30万円の人もいます。

同じ長さの時間を過ごしたのに、得る給料は全然違う。

なぜでしょう?

 

サラリーマンはグチる存在です。

同僚に対して、上司に対して、そして会社に対して。

職場の人間関係や給料についてグチります。

グチるくらいしか不満のはけ口が無いのかもしれません。

 

 

パン

 

 

パンと言う見出しを付けましたが、別にパンじゃ無くてもいいんです。

近所に2軒のパン屋さんがあるとしましょう。

どちらのパン屋さんも、パンの質は同じ程度。

どっちを選んでも、味に違いはありません。

するとどうなるでしょう。

お互いが相手のパン屋さんにお客をとられないように、価格を下げます。

価格競争です。

同じ程度のモノを売ると価格でしか差別化できないんですね。

 

もし、片方のパン屋さんが努力して、ものすごくおいしいパンを作ったら、そのパンは高く売れます。

高くても買う人がいるからです。

 

自動車は移動手段ですが、同じトヨタでも、安いアクアもあれば高いクラウンもあります。

価格だけで選ばれるならアクアだけが売れるはずですが、実際にはクラウンもたくさん売れます。

それはクラウンにはアクアには無い様々な価値があるからです。

高くても手に入れたいモノは高く売れます。

 

 

給料

 

 

給料はモノの価格とまったく同じ。

同じ能力の人が2人いたら、企業は給料の安い人を雇った方が助かります。

自分の給料が安いと嘆いている人は、会社のせいにしても、グチっても、何の意味もありません。

そこには経済合理性があるんですから。

グチって世の中が変わるのなら、いくらでもグチったらいいでしょう。

しかし実際にはグチること自体が時間の無駄であり、何の意味も無い行為です。

 

自分の給料を変えるには、会社や世の中を変えるより、自分が変わる方が手っ取り早いんです。

自分の能力を上げればいいんです。

他の人よりも高い能力を身に付ければ、より高い給料を出してくれる企業が現れます。

それはいまの勤務先かも知れませんし、他の企業かもしれません。

 

 

移動

 

 

先日、同僚と話をしました。

出張の行き帰りの新幹線での過ごし方について。

朝早い新幹線だと勤務時間前なので、仕事をすれば時間外労働になり、損だと言う同僚。

だから、移動中にはスマホで動画を見ているか寝ているか。

だそうです。

もちろん法的にはそうでしょう。

しかし、ボクは違います。

労働基準法よりも自分の人生の方が大切です。

人生全体の中で、何もしない時間はとてももったいない。

だから、会社の命令では無く、自分の意思で、仕事をしたり勉強します。

片道が1時間半、往復なら3時間の移動時間。

その3時間に何もしない同僚。

3時間にさまざまな努力をするボク。

 

当然、成長のスピードが違います。

 

この場合、余分に仕事をしたボクが損をしているのでしょうか。

余分に勉強したボクが損をしているのでしょうか。

 

そう思う人は、これからの人生も安い給料のままでしょう。

 

命令でしか動けない人。

自分の意思で動く人。

 

格差って、そう言うところから生まれるんですよ。

 

 

東北楽天ゴールデンイーグルス対横浜DeNAベイスターズの日本シリーズ回避を願う

クライマックスシリーズ

 

 

ボクの108個の趣味のひとつが野球観戦ですが、これを書いているタイミングでは、クライマックスシリーズのファイナルステージが行われています。

 

今年のプロ野球のペナントレースでは、

 

パ・リーグ

1位 福岡ソフトバンクホークス

2位 埼玉西武ライオンズ

3位 東北楽天ゴールデンイーグルス

 

セ・リーグ

1位 広島東洋カープ

2位 阪神タイガース

3位 横浜DeNAベイスターズ

 

と言う順位でした。

そして、クライマックスシリーズのファーストステージで、それぞれの2位チームと3位チームた対戦し、両リーグとも3位のチームが勝ちました。

と言うことは、今後の可能性として、3位のチームが1位のチームを破ってしまうことも考えられます。

 

すると、日本シリーズは、

 

3位チーム対3位チーム

 

になるかも知れません。

プロ野球ファンのボクから言わせてもらえば、

 

最悪

 

の日本シリーズです。

 

そもそもなぜ、クライマックスシリーズが行われるのでしょうか。

 

 

経営の問題

 

 

若い人は知らないと思いますが、昔のプロ野球は球団によって経営状態がかなり違っていました。

球団の売り上げって、主に、球場の入場料収入とグッズ販売、そしてテレビやラジオの放映権料があります。

21世紀の初め頃までは読売ジャイアンツと言うチームが桁違いの人気を持っていて、ほぼ全試合がテレビで放映されていたんです。

1試合の放映権料は1億円とも言われていたので、全試合放送するだけで数十億円の売り上げになります。

セ・リーグの他のチームもジャイアンツ戦はテレビ放映されるので放映権料収入がありました。

球団経営のかなり大きな部分を放映権料収入でまかなっていたんですね。

また、テレビで放映されると選手は有名になるので、まあタレントと同じ扱いになります。

人気も出ます。

一方、パ・リーグはテレビで放送されることはあまりありませんでした。

なので、球団経営の売り上げとして放映権料収入はほとんどありません。

当然、テレビに映らないので選手も有名になりにくく、そのためますます人気につながりにくいと言う悪循環がありました。

パ・リーグの各球団は最初から放映権料無しで経営できる体力が必要だったんです。

だから、歴史的に見ても、パ・リーグの球団の親会社には比較的大企業が多かったんですね。

セ・リーグの場合は、毎年のように自動的に放映権料が入って来るので、ある意味、殿様商売でした。

 

パ・リーグはそんな苦しい歴史を経験しており、そんな中、リーグ存続のため、いろんな知恵を絞ったのです。

昔は、1年を2つのシーズンに分けた前期後期制を導入したこともあります。

DH(指名打者)制も工夫のひとつです。

そして21世紀になってから、経営の工夫のひとつとして導入されたのがクライマックスシリーズ(クライマックスシリーズと言う名前になったのは数年後)。

 

クライマックスシリーズを導入すれば、2位のチームも3位のチームも日本シリーズに出られる可能性があるので、リーグ優勝の可能性が消えても消化試合になることがありません。

結果として、シーズンの最後まで観客を呼び、しかもクライマックスシリーズと言う短期決戦にも多くの観客を見込めます。

 

その弊害として、2位のチームや3位のチームも日本シリーズに出られる可能性が発生してしまいました。

 

しかし、クライマックスシリーズが無ければ、もしかしたらパ・リーグは存続していなかった可能性もあり、生き残りのための苦肉の策だったわけです。

経営状態が健全ならクライマックスシリーズなんていらなかったんですね。

 

ちなみに21世紀になって、インターネットが普及し、テレビでのプロ野球の視聴率が低下しました。

その結果、テレビ放映そのものの数が激減し、セ・リーグ各球団を支えていた放映権料収入も激減しました。

そうなると苦しくなるのはセ・リーグ。

なぜなら、いままでは工夫をしなくても自動的に放映権料収入があったのに、それが見込めなくなり、しかも、親会社は比較的小規模なチームが多い。

後年、パ・リーグを追うようにセ・リーグもクライマックスシリーズを導入したのは、経営の苦しさの表れです。

 

経営が苦しくなると、各球団は工夫をするようになります。

セ・リーグの各球団も昔では考えられなかったようなサービスをするようになりました。

今では12球団すべてが、しのぎを削るサービス合戦。

それはファンにとってはプラスになるので、良いことなんですね。

殿様商売よりもずっと。

 

ただし、野球の本質を見失って欲しくないんですよね。

例えば、メジャーリーグを見倣って、球場に観覧車を作ったりボールパークを作ったり。

バーベキューをしながら観戦できる球場もあれば、試合後に選手のマイクパフォーマンスを披露するチームもあります。

しかし、観覧車があるから球場に足を運び、観覧車が無ければ足を運ばないのであれば、それは野球ファンでは無く、観覧車で遊びたい人ですよね。

 

ここに阪神タイガースの話を書きました。

 

www.b-chan.jp

 

 

野球が好きで野球を見るファンは野球ファンですが、野球以外の要素で球場に足を運ぶ人が増えているだけなら、それはプロ野球ファン人口の拡大にはつながっていません。

AKB48の始球式が見たいから球場に来た、ならば、プロ野球関係者はむしろ危機感を持たないといけないですよね。

 

ボクは1992年と1993年の日本シリーズが大好きです。

どちらも西武ライオンズとヤクルトスワローズの対戦でした。

多くの人は人気チームかどうかで判断しがちですが、ボクはいつも書いているように、一般大衆の人気度はマスコミにマインドコントロールされた結果なので、そんなのは気にしません。

大切なのは中身の善し悪しです。

それを自分で見て自分の頭で考えて判断するのが大切です。

この1992年と1993年の日本シリーズは、ホントに野球の醍醐味が良く出ていました。

監督同士の頭脳戦、戦術、選手の個々の能力、コンディション、その他いろんな要素が絡み合い、とにかく手に汗握る対戦だったことを覚えています。

 

観覧車でもバーベキューでも選手のカラオケ大会でも無く、ホントに野球のプレーそのものが面白かったんです。

 

一番大切なのは、選手が切磋琢磨して技術を磨き、アマチュアではできないプロならではの高度なプレーを見せつけることだと思うんですよね。

それは野球に限らないことですが。

それがプロ。

 

小手先の観客動員策を導入しても先が見えています。

いくらクライマックスシリーズを行っても、その試合そのものの中身のレベルが高くなければ意味は無いんです。

 

だからボクはペナントレースで3位の実力のチームが日本シリーズを戦うことに反対なんです。

イーグルスファンもベイスターズファンもいると思いますが、両チームともペナントレースで1位を獲って日本シリーズに出場することを願っています。

なので、今年のクライマックスシリーズファイナルステージは、ホークスとカープを応援しますよ。

 

www.b-chan.jp

 

 

怒っても誰もトクしない

怒る

 

 

先日、高速道路で後ろのクルマを停止させて、そこに後続のクルマが追突し、停止したクルマに乗っていた夫婦が亡くなるという痛ましい事件が起き、かなり反響の大きなニュースとなりました。

きっかけはサービスエリアだとか。

その通行路にクルマを止めていたオトコを夫婦が注意したら、オトコが怒って追いかけ回し、クルマを停止させたんですね。

この事件はまだ何の裁判も行われていないので、犯罪と呼ぶのは避けますが、世の中の犯罪には、似たようなことがたくさんあります。

 

腹が立ったので殴った。

腹が立ったので刺した。

 

ボクは、腹を立てない人間です。

ボクを実際に知っている人なら、ボクが腹を立てているのを見たことが無いと思います。

なぜ腹を立てないか。

なぜ怒らないか。

 

理由はカンタン。

怒っても誰も幸せになれず、ほとんどの人が不幸になるからです。

 

冒頭にあげた事件。

怒ったオトコが夫婦を追いかけ回し、不幸な事態に追い込みました。

では、その結果、オトコは幸せになれたでしょうか。

そんなことはないですよね。

これから裁かれて、何らかの罰が与えられます。

誰一人、幸せにもなっていないし、誰にも何のメリットもありません。

そして、みんなが不幸になりました。

 

怒るという行為は、怒る本人含め、全員が不幸になります。

 

ボクはわざわざ怒って、わざわざ怒って、人を不幸にしたくないですし、自分も不幸になりたくありません。

だから怒りません。

 

自分がイヤな目にあっても、気にしないだけのことです。

 

www.b-chan.jp

 

 

そんなボクなので、世の中の犯罪者を見て、

 

なぜわざわざ自分が不幸になる方を選ぶんだろう?

 

と思っちゃうんですよね。

 

 

叱る

 

 

ちなみに勘違いしないで欲しいのは、怒りはしませんが叱ります。

自分が腹を立てて相手にぶつける行為を怒りと呼ぶなら、叱りは相手のためになる行為です。

相手が悪いことをしようとしているなら、それを止めることは自分のためではなく、相手のためですよね。

 

自分のコトでは怒らない。

相手のために叱る。

 

これ、大事だと思いませんか?

 

もう怒るのはやめましょう。

 

10月15日は宅地建物取引士の試験でしたね

受験

 

 

10月15日は宅地建物取引士の試験日でした。

ボクの勤務先も不動産会社なので、大いに関連があります。

その名のとおり、宅地や建物を取引きする際に必要とされる資格です。

建築業には必要ありません。

 

法律的にはひとつの事務所ごとに5人に1人以上の宅地建物取引士を置く必要があります。

もし、街の不動産屋さんの店舗に従業員が8人いるのに宅地建物取引士が1人しかいなかったら違法なので、さっさと役所にチクってあげましょう。

 

宅建って国家資格の中では、たぶんもっとも難易度が低いモノのひとつで、合格率はだいたい毎年10%くらいですね。

人気は非常に高く受験人数が多いので、毎年、たくさんの合格者が出ます。

長年の歴史もあるため、すでに日本中にかなりの数の宅地建物取引士が存在します。

数十万人?数百万人?

詳しくはわかりませんが、とにかくそこらじゅうにいます。

公認会計士とか不動産鑑定士とか弁護士のような難関国家資格とは対照的ですね。

 

それでも、合格しない人は合格しないのが宅建。

そこはもう、本人の能力ではなく、努力の問題です。

難関資格なら、それなりにセンスも問われるところですが、宅建は難関資格では無いので、勉強したら誰でも合格します。

なのに10%しか合格しないのは、90%の人たちが、ろくに勉強せずに受験するからです。

 

 

合格

 

 

ボクの周りにも10年以上受け続けているのに、いまだに合格しない人が何人もいます。

完全に努力不足ですね。

これを読んでいる、今日、受験してきた人ももしかしたらいるかもしれませんね。

すでに自己採点を終えて、合格か不合格かは判明しているでしょう。

不合格だったあなた。

勉強不足です。

 

宅建って、合格に必要な勉強時間は300時間だと言われています。

もちろん、10年間で合計300時間ではダメで、直前の300時間が必要です。

例えば、1日に3時間勉強したとしましょう。すると100日間必要ですね。

つまり3ヶ月と10日。

試験日の3ヶ月と10日前から、1日も欠かさず、毎日必ず最低でも3時間勉強する。

1日も休んではダメです。

とにかく100日間連続で最低でも3時間。

それでやっと300時間に到達するので、そこがスタートラインです。

1日休んだ人は297時間しか無いので、合格しません。

最低でも3時間を100日連続、それにどれだけ上乗せできるかが勝負です。

サラリーマンなら、朝の通勤電車で1時間、帰りの帰宅電車で1時間、昼休みに1時間、これで1日3時間を確保できますね。

帰宅後にもテレビを見なければさらに時間は確保できるはず。

どんなに残業が多い人でも、行き帰りは電車に乗りますしランチは食べますよね。

だから3時間の勉強時間は確保できるでしょう。

不合格だった人は、ホントに100日間連続で1日も欠かさずに3時間ずつ勉強したかどうかを振り返りましょう。

ね、してないでしょ?

落ちて当然。

 

 

以前から、このブログで何度も書いていますが、失敗の大半は本人の責任です。

努力不足です。

それなのに、頭の悪さのせいにして自己弁護する。

考えてみてください。

自己弁護なんてしても誰も助けてくれませんよ。

頭が悪いのがかわいそうだから合格にしてあげる、なんてならないですよね。

成長する人、成功する人は、自分の責任を認識します。

だから、成功するわけです。努力しますから。

一方、自分のせいでは無いんだと言う人は、自己を改善しないので、いつまでたってもそのまま。

結局、成功せず、自分に跳ね返ってくるだけです。

 

あなたはどっちのタイプでしょうか。

 

 

買った株が値上がりしても途中でいったん利益確定させるのは損だと言う理論

株価上昇

 

 

最近は世界的に株価が上昇していて、日本株も海外株もたくさん保有しているボクにとっては良い時期です。

しかし、株はリスクのある金融資産。

上がるときもあれば、下がるときもあるのです。

そこで、どうすれば良いのか、モヤモヤしているので、書きながら考えます。

 

株価が値上がりして儲かった場合、儲け分に対して20%の税金がかかります。

1万円で買った株が2万円に値上がりした場合、儲けは1万円なので、2000円が税金で、実際の手取りは8000円です。

 

ただし、これは、1万円で買った株を2万円で売った場合、つまり、利益確定を行った場合です。

 

1万円で買った株が2万円になっても保有したままでは利益は得られません。

単なる含み益です。

含み益に対しては税金はかかりません。

税金がイヤなら売却せずにそのまま持っておけば良いわけです。

持っておけば、さらに上がるかも知れませんし。

ただし、逆に、値下がりのリスクもあります。

売却して利益を確定すると言うことは、税金をとられる代わりに、値下がりリスクからも逃れると言うことですね。

 

 

値下がり

 

 

最悪なのは、1万円で買った株が2万円になったときに売って、2000円の税金を払って8000円の利益を確定し、手元の1万8000円でさらに値上がりを期待して株を買ったら、株価が下落して1万円に戻ってしまった場合でしょうか。

この場合、1万8000円で買った株は9000円になります。

1万円でスタートして2000円の税金を払って、9000円になる。

国が2000円獲得して、誰か他人が1000円獲得して、本人は1000円損したわけですね。

 

もし、1万円で買った株が2万円になったときに売らずに、つまり利益確定せずに、そのまま持っていて、また1万円まで下落したら、本人にとってはプラスマイナスゼロです。

 

では、1万円で買った株が2万円になったときに売って、2000円の税金を払って8000円の利益を確定し、手元の1万8000円でさらに値上がりを期待して株を買ったら、株価がさらに上昇して4万円になったらどうでしょうか。

その場合、1万8000円で買った株は3万6000円です。含み益は1万8000円ですね。

ここで売却したら、税金は3600円なので、手取りは14400円です。

最終的に1万8000円と14400円の合計32400円が残りました。

 

なら、最初に1万円で買った株が2万円になったときも売らずに保有し続けて、さらに上昇して4万円になったらどうでしょう。

この場合は、含み益が3万円です。

ここで売れば、税金は6000円。

なので、最終的に残るのは34000円です。

 

これらの4パターンでわかるように、株を買って値上がりした場合、いったん利益を確定させるために売却しても何のメリットもありませんね。

その後、上がっても下がっても、保有し続けた場合と比べて損です。

 

よく、株関係の書籍に、値上がりの際はいったん利益確定させるのが良いと書いてありますが、ボクはそれを読むたびにモヤモヤしてたんですよ。

ホントかな〜って。

だって、課税が発生する分、損失になるはずですから、

で、こうやって実際に計算しながら書いてみて、それがわかりました。

 

ファイナンスやタックスの知識があれば、課税の繰り延べや支払いの繰り延べは有利に働くことはすぐにわかるので、当たり前と言えば当たり前なんですが、株関係の本を読んで、利益確定の大切さに惑わされている人は、ちょっと冷静になってみましょう。

 

大原則は、

 

  • 課税の繰り延べ
  • 支払いの繰り延べ

 

これですよ。

 

まあ、いまはNISAがあるので、使える人は使いましょうってコトです。

 

ボクの過去の関連記事も読んでみてください。

 

www.b-chan.jp