読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ブログのコンテンツの幅が画面の幅を超えていた問題

SEO,ブログ,ネット収入

サーチコンソールのエラー

 

ブログでSEOをやってる人なら、Googleサーチコンソールを見ている人も多いと思います。

 

www.google.com

 

最近ここの、「検索トラフィック」タブの「モバイル ユーザビリティ」と言う項目でエラーが出ていました。

エラーの内容は、

 

コンテンツの幅が画面の幅を超えています

横にスクロールせずにページ全体を表示できるようにしてください。

 

と言う内容。

で、該当のページを見て、ピンときました。

ああ、画像の幅がブログの幅を超えてるんだな。

 

このページです。

 

www.b-chan.jp

 

該当の画像が、ウェブページをキャプチャしたモノなので、ちょっと紛らわしいですが、要するに次の通りです。

青色の文字で書きました。

画像の幅

 

 

ブログの幅が728ピクセルしか無いのに、画像の幅は774ピクセルあります。

ただし実際の画面上では画像が縮小されて表示されているため、上記の通り、きちんとブログの幅に収まって画像が表示されているわけです。

これはタブレットやスマートフォンでも同じです。

とは言え、728ピクセルしか無いエリアに774ピクセルもある画像を表示するのはGoogle的には問題なんですね。

 

このページのHTMLを見てみると、次の通りです。

画像HTML

 

 

赤色の線の部分が画像のimgタグです。

これを見ると確かに、

 

width="774"

 

となっています。

この数値を728以下にすればOK。ここでは666ピクセルにします。カンタンですね。

 

画像の実際の幅を修正する

 

しかし!

 

このブログ的にはそれはダメです。

それだと、実際に幅が774ピクセルある画像をブラウザ上で666ピクセルに縮小して表示するだけです。

実際にはサイズの大きな画像を、見かけ上、小さくするだけ。

 

はい、わかりますね。手抜きです。

 

今まで何度も言ってきました。ブログのアクセス数を増やしたいなら、手抜きはやめましょう。

と言うわけで、実際に画像自体も縮小します。

幅が666ピクセルの画像に作り直すのです。そしてその上で、width要素の数値も666に変更するのです。

そうすることで、画像ファイルのサイズも減らせるので、表示が速くなりますね。

 

さらにもっと言えば、上記のHTMLでは、width要素はあるのに、height要素がありません。

そうです。幅は指定しているのに高さは指定していないんですね。

これはボクのミスです。今回、気がつきました。

このブログのすべての画像に、ちゃんと両方とも指定していたつもりなんですが、この2年前の記事では、heightが抜け落ちていたんですね。

 

ブログのSEOには大切なんですが、画像を載せるなら、widthとheightとaltは必ず指定しましょう。

特にwidthとheightは、画像のサイズをあらかじめブラウザに教えてやることでページの表示が高速化します。

当然、検索エンジンの評価は上がりますよね。

 

と言うわけで、変更後はこうなりました。

画像HTML修正

 

 

これを機に、このブログの他の記事の画像もすべてチェックする必要が出てきました。

height要素が抜け落ちている画像に、すべて付けようと思います。

記事数が2500本以上あるのでチェックは大変ですが、これをやるかどうかがポイント。

数ヶ月かかると思います。

世の中のほとんどの人は、そこまでやらないでしょう。

世の中のほとんどの人がやらないからこそ、やった人がうまくいくわけです。

 

ブログのアクセス数が少なくて悩んでいる人。

世の中のほとんどの人がやらないことをやりましょう。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

 

iPhoneでフラッシュライトの明るさが変更可能になったよ

iPhone

フラッシュライト

 

iPhoneに付いているフラッシュライト。

これです。 

フラッシュライト

 

 

このフラッシュライトの明るさを調整できるようになったんですよ。

 

iPhoneの画面の一番下から上にスワイプすると、コントロールセンターが出てきます。

その左下のボタン。

 

これがフラッシュライトがオフの状態。

オフの状態

 

 

そして、ボタンを1回押せば、フラッシュライトがオンになります。

オンの状態

 

 

そこまでは今までどおり。

 

では、そのボタンを強く押し込んでみてください。すると次のようにオプションが表示されます。

強く押すと選べる

 

 

フラッシュライトの明るさを3段階に調整できるんです。カンタンでしょ?

 

この「強く押し込む」と言うのがポイント。

そうです。3D Touchに対応したiPhoneしか無理です。

具体的には、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plusだけです。

そして、フラッシュライトの明るさが選べるのはiOS10のみ。

 

今回はiOS10の地味な新機能紹介でした。

 

みなさんは、フラッシュライト、使ってますか?

ボクは写真を撮るときにも使いますが、実は夜道を歩くときに使うことが多いんですよね。

完全に懐中電灯の代わりです。

 

と言うわけで、対応機種、対応iOSの人は試してみてくださいね〜。

 

 

iOS10ではインライン動画が実現したのでやり方を書くよ

iPhone

動画再生

 

iOSのバージョンが9から10になりましたね。

と今ごろ言ってみます。

 

今回のiOS10での大きな変更点として、動画のインライン再生があるんですよ。

従来のiOSでは、動画を再生すると、全画面表示になってしまいました。iPhoneでは。 

 

で、iOS10では、右下のボタンを押すと全画面表示が解除されます。

姉妹猫

 

 

はい、次のように、画面が普通に表示され、その中で動画が再生されます。

インライン動画

 

 

そうです。iPhoneでやっと、動画のインライン再生が可能になったのです。

iPhoneとしては新機能ですが、これってパソコンでは当たり前ですよね。

iPadでは以前から可能でしたし、iPadだけの機能としてピクチャ・イン・ピクチャも可能です。あ、macOS sierraでも実現しましたね。ピクチャ・イン・ピクチャ。

 

インライン再生

 

インライン再生。なぜ、こんなことが今まで実現できなかったんでしょうか。

もちろん、実現できなかったんじゃ無くて実現しなかっただけなのはわかってるんですが、Appleの思惑は何だったんでしょうね。

 

 

ちなみに上記の動画はこちらです。


【猫 おもしろ】姉猫のお尻に臭い顔をする猫がおもしろい - the cat looks so funny -

 

 

 

ブログで長期間、稼ぎたい人へのアドバイス

SEO,ブログ,ネット収入 ビジネス

長期的な収益

 

ボクのこのブログはボクに収益をもたらしてくれます。

趣味では無く生活のためにやっています。仕事ですね。

ブログで収益を得たいブロガーは多いと思います。

それが、小遣い稼ぎなのか生活費稼ぎなのかで意味合いは少し変わると思います。

 

生活費稼ぎとして位置付けるなら、若い世代にとっては重要なツールになります。

なぜなら、若い世代ほど、将来に受け取れる年金は少なくなる可能性が非常に高いからです。

そうです。

ボクはブログを年金ツールだと位置付けているのです。

年金と言うのは定期的に収入をもたらしてくれるツールです。

働こうが遊ぼうが寝ようが関係なく収入が入ってきます。

高齢者は若者ほどガッツリ働けないことを見越して救済装置のように設けられているわけですね。

その救済装置がろくに作動しないと思われるのが、今の若者の将来なんですね。

つまり、その時になってから焦っても、もう手遅れ。

だから今のうちに準備しておくんです。

なにせ若者の最大の特権は、高齢者になるまでに膨大な時間があると言うことなんですから。

 

例えば、若いうちから投資をしておけば、膨大な運用期間があります。

若いうちからブログで収入システムを作っておけば、膨大な試行錯誤ができます。

 

SEO

 

ブログでアクセス数を稼ぐひとつの方法がSEOであり、Googleと言う検索エンジンに最適化することです。

SEOでは短期で実行できるモノもありますし、長期で実行するモノもあります。

 

長期で実行するモノとしてボクが思いつくのが、ドメインなんです。

このブログのドメイン名は、

 

b-chan

 

ですね。

URLは、

 

http://www.b-chan.jp

 

です。

ドメインは、できたてのホヤホヤよりも、長期的に運用されている方がSEOで有利だと言われています。

ボクのこのブログのドメインは、そろそろ3年近くの運用になります。

一時的・単発的な怪しいドメインではなく、長期で育てているんです。やがて5年10年と経過すると、それなりに強力なドメインになるでしょう。

だから、ボクはブログで長期的に収益を得るためには、

 

絶対に!

 

独自ドメインにすることをおススメしています。

このブログは今、はてなブログと言う、はてな社のシステムを使っています。

なので本来のドメイン名は、

 

b-chan.hatenablog.com

 

なのです。

でも、はてな社が未来永劫、はてなブログを行う保証はありませんし、はてな社が倒産しない保証もありません。

つまり、

 

b-chan.hatenablog.com

 

をずっと使える保証なんて無いのです。もし使えなくなって、別のドメインを使うことになると、それまで何年も築きあげてきた財産は全滅です。

別のブログでまたアクセス数も0からコツコツと増やしていく必要があります。

 

ネットの世界は変化が速いのです。

Googleの設立は1998年。まだ20年も経っていないのに世界を牛耳っています。

LINEなんて、まだ5年です。

たったの5年で、ネットの世界は激変するのです。

 

独自ドメインを持っておけば、どの社でブログをやろうが自分のサーバーでやろうが、URLは変わらないので、アクセス数などの財産をずっと引き継ぐことができます。

つまり、独自ドメイン自体が自分の財産です。

 

すでに独自ドメインじゃないドメインでやってしまってるので、今さら独自ドメインに変えられないと言う人もいるでしょうが、それはサンクコスト(埋没費用)にとらわれすぎです。過去数年とこれから数十年と、どっちが大事でしょうか。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

ブログタイトルにiPhoneを入れない

 

ボクのこのブログのきっかけはiPhoneです。大人気のiPhone関連記事でブログを書けば、それなりにアクセス数を稼げると考えました。

でも、ブログのタイトルは、

 

非天マザー

 

です。

iPhoneとも無関係ですし、世の中の流行とも関係ありません。

理由は簡単で、世の中の流行は移ろいやすいからです。

ここ10年ほどはiPhoneが人気ですが、ではこの先、何十年もiPhoneが人気を維持できるでしょうか。

特化型のブログは、その専門性ゆえ、アクセス数を稼ぐのに有利だと言われています。

また、関連の広告が表示されやすいので、収益面でも有利です。

しかし、その専門分野の人気が落ちたら、それで終わりです。

iPhoneに特化したブログは、iPhone人気の終焉とともに、アクセス数は激減するでしょう。

つまり、長期運用に向きません。

 

このブログのサブタイトルは、

 

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

 

ですが、サブタイトルなんていくらでも変更すればいいんです。

 

だからボクは、iPhoneでスタートしましたが、あくまでも汎用的なテーマでブログを書いています。

しかもなるべく長期的に人々の関心を得られそうなテーマを選んでいます。

金融とか経済とかITとかビジネスとか自己啓発とか。

こうすることで、少なくとも今後数十年間はアクセス数を稼ぐことを狙っているのです。

 

独自ドメインと汎用テーマ。

 

これがボクの考え方です。

このブログが始まって、まだたかだか7年弱ですが、それでも、7年もブログを書き続けて記事数が2500本を超えていて、ブログの収益で生活している人がどれだけいるでしょうか。

 

もしボクと同じように、ブログの年金化を考えているのなら、こう言う考え方もあると言うことを知っておいてください。

 

あとは、あなたの試行錯誤と努力、そして「習慣化」で決まります。

 

www.b-chan.jp

 

 

レールを外れる勇気も無い上にネガティブな人生ですよ

つぶやき

レールに沿った人生

レール

 

 

ここ1週間、ネット上ではこの記事が大反響ですね。

 

www.ishidanohanashi.com

 

レールに沿ったつまらない人生と言うフレーズは全然新しくも何とも無くて、昔からよくあるセリフです。

にも関わらず、いまここに来て、この記事が大反響。

まあとにかくあちこちで批判記事やら応援記事やらを見かけます。

まあ批判記事が多いですけどね。

他人が自分で決めた人生なんだから自己責任だし、いちいち批判する必要も無いと思いますが、まあそう言う世の中なんでしょう。

つまり、実はうらやましいと思っている人も多いと思うんですよ。

でも、自分はそんなレールから外れる人生を送る勇気は無い。

せっかく入った大企業だから辞めたらもったいない。

会社にしがみつかないとおカネを稼げない。

でも仕事はホントは辞めたくて仕方が無い。

でもできない。

自分にできないことを石田さんはやったので、ひがむ。

うん、まあわかります。

 

思えばボクの人生なんて、何とネガティブなことか。

 

小学校、中学校、高校と、ボクは全然スポーツマンじゃなくて、運動からは逃げてました。

小学校のときはドッジボールにハマったことはありますが、中学に入るともうダメ。

中学ではクラブ活動を選ばされるんですが、選ばされると言ってる時点で消極的でしょ?

で、多くの人気の運動系のクラブを横目に、ボクは消去法で吹奏楽部を選びましたよ。

吹奏楽が大好きで選んだのでは無く、運動ができないから仕方無く選んだんですね。

小学校の卒業記念でクラス全員で演奏をしたんですよ。

そのときの思い出が忘れられなくて、中学でも楽器の道を選びました。

と言うのは、カッコつけるための後付けの理由です。

 

高校は受験校でした。

1日に60分間の授業が7コマもある高校なんです。

午前に3コマしか入りきらなくて、午後から4コマですよ。

とにかく猛烈な進学校でした。

まあボクにとっては都合が良かったわけです。

クラブ活動もほとんど無かったので、学業成績が優秀な人間が尊重されたんです。

ボクはだいたいいつも学年で1位から10位あたりをウロウロしていたので、先生たちからはわりと丁重にされたんです。

熱血運動クラブに適応できないボクには都合の良い環境ですね。

で、受験に合格して大阪大学へ。

大学へ行って最初の半期で単位を落とすと言う経験をしました。

高校時代は上位にいたボクは大学での経験が信じられなかったんですが、要はそれが実力。

かろうじてギリギリで卒業です。

いちおう、親や周りの人たちには、ストレート入学ストレート卒業の体面を保てましたが、冷や汗でした。

クラブ活動らしいこともしませんでした。

大学四回生で就職活動をするわけですが、どんな会社が良いのかとか全然知らなかったですし興味もなかったですし、起業なんて夢にも思いませんでした。

当時好きだった女友達のさらに友達がとある銀行で働いていたので、たまたまその銀行を就職先に選びました。

しかし女友達とはそれ以上、仲良くなることはありませんでした。

ボクの就職に何の必然性も無くなったわけです。

特に大好きな仕事と言うわけでも無かったですし、営業なんて、人付き合いが苦手なボクにとっては一番遠いはずの業界でした。

でも結局、簡単にやめる勇気なんて無かったんです。

まあ数年、社会人をやってると、それなりに営業にも慣れますが、それでもバリバリの営業マンとは対照的なタイプでした。

会う人会う人から、コンピュータ系の人だと言われました。

そうこうして転勤を4回ほど繰り返した時に、結局、逃げるように銀行を辞めましたね。

で、何を血迷ったか、フルコミッションの外資系保険業界へ。

またも何も考えて無かったんです。

固定給が無いので、毎月のように新規契約を取り続けないと収入は無くなります。

そんな業界でもがいている4年目にボクは腕相撲で右腕を骨折しました。

全治1年の大ケガです。

フルコミッションの営業には致命傷ですね。

しかしボクには辞める口実ができました。

1年後、生まれ育った関西から逃げるように東京へ移り住みました。

不動産ファンドへ就職しましたが、どんな仕事かはまったく知りませんでした。

毎日のように深夜労働と言うか朝帰り。

1日に16時間働くのが当たり前の毎日でしたね。

不思議と体は平気でした。

でもやはり人間的では無いですよね。

そんな会社も3年目に倒産、完全に消滅しました。

思いもかけず不慣れな東京で失業。

リーマンショックと言う大不況なので再就職先もありません。

何とか仕事を見つけたらブラック企業。

それの繰り返しでした。

いまボクが働いている会社もブラックですが、それでも1年半ほど働いています。

次の会社が見つかれば移るかもしれませんが、年齢的にも困難かも知れません。

 

まあこのように、自分が絶対にこれをやりたい!と思ってやった進路なんて一度も選んだことが無いんですよ。

 

さっきの記事の石田さん。

彼は、レールに沿うのがイヤだから大学を辞めたと言っています。

つまり、何かをやりたいと言う強い気持ちでそちらに行ったのでは無く、何かから逃れるために行動した。

そう言う意味では若い頃のボクに似てるんですよね。

似てるだけに、必ず落とし穴が来ると思います。

ただし落とし穴は悪いモノではありません。

失敗を経験しない人の方がスキルは上がらないんです。

失敗をたくさん経験した人が強くなりますから。

 

とは言え、やはり、何かから逃れるために他を選ぶ人生では無く、絶対にこれがやりたいんからやる!と言う人生の方が良いのは間違いないです。

石田さんは、もし仮に、大学が楽しくて充実して有意義だったとしても、今の起業の道を選んだでしょうか。

そうで無いのなら、今の起業は天職で無い可能性が高いです。

 

消極的にブログを始めた

 

ボクは今、こうやってブログを書いて稼いでいます。

アクセス数でもおそらく上位0.5%くらいには入っているでしょう。

つまりこの分野では成功組のひとりと言えるかも知れません。

でもボクがブログを始めたきっかけは失業です。

失業のリスクと再就職できないリスクがある以上、サラリーマンとしての収入以外に稼ぐ必要があったわけです。

かと言って不慣れな土地で腕の後遺症を抱えながら、しかも倒産なので、起業の準備もせずにいきなり失業して、その状態で起業で成功する自信なんてとても無かったわけです。

だから仕方無くブログを始めたんですね。

ほら、これまたネガティブな要因。

 

できれば、石田さんに限らず、世の中の人たちには、ボク生き方をお手本にして、それと逆をやってほしいモノだと願わずにはいられません。

 

 

iPhoneの「手前に傾けてスリープ解除」機能をオフにしよう

iPhone

iOS10の新機能

 

昨日までで859日連続でブログを書いているので、今日で860日連続です。

あ〜早く中断してラクになりたい。

でも実際はむしろ逆で、1日に2本以上のペースで書きたいんですけどね。

サラリーマンブロガーは時間が足りないので、なかなか実現が難しいです。

とりあえず1日1本のペースをキープします。

 

ところで、iPhoneユーザーのみなさんはiOS10はインストール済みですか?

 

iPhone6s以降の機種では、

 

手前に傾けてスリープ解除

 

と言う新機能に対応しています。

なんじゃこりゃ。

 

テーブルなどにおいてあるスリープ状態(画面が消えている)iPhoneを少し持ち上げて手前に傾けるだけで画面が表示されると言う機能ですね。

いちいちホームボタン(丸いボタン)を触らなくても画面が見られるので、

 

超絶便利!

 

なのです。

ホント?

 

もう、この機能のおかげで、バッグの中に入れておいても、傾いただけで画面が点灯してしまいます。

手に持っていて歩くと、何度も何度も画面が点灯します。

ホントにバッテリーの無駄遣い。

しかも画面が点いた状態で左にスワイプしてしまうとカメラが起動してしまうんですよね。

混雑した駅なんかで、手に持ったiPhoneがいつの間にかカメラが起動していて、焦りまくりですよ。

盗撮と間違えられかねません。

 

オフにする

 

こんな超絶便利!な機能はオフにしてしまいましょう。

 

iPhoneの「設定」アプリを起動し、「画面表示と明るさ」を開きましょう。  

手前に傾けてスリープ解除

 

 

はい、ありましたね。

「手前に傾けてスリープ解除」をオフにしましょう。

 

ボクはこれに気づくまで、しばらく悩まされましたよ。

なぜ、手に持ってるだけで画面が点灯しているのか。

 

これで、これからは安心してiPhoneを持って歩けます。

こうしてボクは最新の機能をどんどんオフにしていくわけです。

 

同じように悩んでいる全国の思春期のみなさん。

ぜひ試してみてください。

思春期に関する他の悩みにもお答えしますので、どしどしご応募ください。

 

くわしくはネットで、

 

「非天マザー」

 

で検索!

 

 

非天マザーは800万回も見てもらえました

SEO,ブログ,ネット収入

記念

 

みなさん、こんにちは。

B-CHANです。

 

次の画像は、このブログシステムである、はてなブログの今日の管理画面です。

800万アクセス

 

  

今日は、ちょっとした記念日。

ご覧のとおり、この非天マザーと言うブログのアクセス数(ページビュー)が累計で800万を超えました。

2013年12月2日からのカウントです。2年10ヶ月弱ですね。

非天マザーの前身は、B-CHANの日記というブログでした。そこからの累計だと1000万を超えてます。

 

ずいぶんたくさんの人に見られてます。

緊張しますね。

 

ウソです。

緊張しません。

 

世の中にはブログがたくさんあって、少なくとも、それだけのブロガーがいます。

その中で累計で1000万のアクセス数を達成できるブログがどれだけあるんでしょうか。

10%?いや、もっと少ないですかね。

あるデータでは1日にアクセス数が500あれば、上位3%なのだとか。

つまり月間で15,000あればトップ3%。

これだと1000万までに667ヶ月かかります。50年以上ですね。

上位3%ですら、これです。

やはり、1000万というアクセス数を経験できるのは、ほんの一握りのブロガーだということになります。

そういう意味ではボクは恵まれていますね。

世の中のほとんどの人が経験したことの無いことを経験できたわけですから。

 

じゃあボクがそんなにすごい人なのかと言えば、これが全く違うんですよね。

肩こりだし不眠症だし人生半ばまで生きて、なお独身だし。

ウサイン・ボルトのような超絶的な足の速さも無いです。

羽生善治のように何十手も先を読むこともできません。

何の特殊能力も無いんです。

 

これって言い換えれば、誰にでもチャンスがあるってことなんですよね。

何の能力も無い、何の特徴も無い、そんな人間が、ただ来る日も来る日もブログを書き続ければ、こうなった。

そうです。

能力の無いすべての人に開かれた道です。

努力だけでいいんです。

 

動かす人間

 

世の中には動かす側の人間と動かされる側の人間がいます。

テレビを見てそれに流されるのが動かされる側の人間。

テレビなどで情報を発信するのが動かす側の人間。

昔は、動かす側の人間になるのは、ほんの一握りでした。

マスコミという仕事に就く人の特権のようなところがあったんです。

でも今はインターネットで誰もが自由に発信できます。

特権を誰でも手に入れられるのです。

そんな特権を使わないのはボクはもったいないと思うんですよね。

ずっと動かされる側の人間として人生を過ごすか。

それとも動かす側の人間になるか。

 

ブログをやる人って、強い弱いはあれど、どこかにそんな心、自分が何かを発信したい、自分の声を聞いて欲しいという意思があるはずなんです。

 

どうせ、発信するなら、1人より10人、10人より100人に聞いて欲しいと思いませんか?

ブログはその一番の近道です。

SEOに非常に強いツールであり、あとは超絶的な能力が無くても誰でも努力によってそれが実現できる。

 

まだ経験していないみなさん。

ボクが経験したことを、いつか経験してみませんか?

ボクは次は1億を目指して走りますよ。

 

amzn.to

 

難易度の高い目標を立てて達成したことがありますか?

つぶやき

目標

目標

 

 

あなたは人生で難易度の高い目標を設定して、それに向けて努力をして、見事に目標を達成したことはありますか?

 

難易度の高さは主観的なモノなので、何でもいいんです。他人は関係無いです。自分にとって難易度が高いと思えるかどうか。

 

例えば、ボクは、高校生のときに、

 

大阪大学を受験して合格する

 

と言う目標を立てました。

ボクは学歴主義じゃないので(このブログを読んでいる人やボクに会ったことがある人ならわかると思いますが)、学歴を得ること自体はどうでもいいんです。

ボクがその目標を立てた理由はただひとつ。

ボクが小学生低学年の頃に家族で親戚の家に遊びに行った時。

親戚の家は大阪の池田市にあったんです。

そうです。大阪大学の豊中キャンパスのすぐそばです。

その時に、ボクの父親が、

 

「大阪大学なんて雲の上で縁が無いな。」

 

と言ったんです。

それをボクは高校生になってから思い出したんです。

そうだ、これを目標にしよう。

大学は神様が行くところでは無く人間が行くところなんだから超人的な能力なんて必要なはずが無い。

能力では無く努力で決まるんだ、そう思いました。

ボクにはもともと高い能力なんて無かったので、並みの努力では他の受験生に負けてしまう。

だったら、人並み外れた努力をすればいいだけ。

なので、ボクは受験生になってからはテレビを捨てました。

1年に1秒もテレビを見ることは無かったんです。

そのことだけでも稀有な受験生だったと思います。

もちろん多くの受験生もテレビを見る時間を減らすでしょう。

でも1年間に1秒もテレビを見ない受験生は、たぶん全国探してもほとんどいないと思います。

そういう意味ではボクは全国の受験生の中でもほんの一握りの存在になりました。

そしてもうひとつの努力は、高校3年生の間は、毎日、午前3時まで勉強しました。

よく同級生たちが、

 

「B-CHANは頭がいいかならあ。」

 

と言ったんですが、間違いです。頭が良いのでは無く努力量で圧倒的な差を付けただけです。

彼らは、

 

「毎日、夜の10時まで来る日も来る日も勉強してるのになあ。」

 

と言います。

ボクから見たら、夜の10時は早すぎました。

ボクは午前3時までやってましたから。

つまり、たったの1日で、すでに5時間もの勉強量の差が生まれていたんです。

10日で50時間。100日で500時間。1年で2000時間近く。

そりゃ、同じ受験生なのに、こんなにも勉強量に差が付けば、能力差もできますよ。

 

そうです。能力差は努力差で生まれるんです。

努力のおかげで目標を達成することができました。

 

習慣化

 

いま、ボクのこのブログは月間30万のアクセス数(ページビュー)を生み出し、その収益でボクは生活費をまかなっています。

もちろん最初からそうだったわけではありません。

例えば2年前、2014年の7月には、1日当たりのアクセス数はせいぜい700ほど。いまの15分の1しか無かったんです。

それでも努力と創意と工夫と勉強を重ね、ブログを書き続けましたよ。

昨日までで857日連続で書いています。年末年始も1日も休まずに。

サラリーマンとして日々、忙しい仕事をこなしながらです。

記事数も2558本に到達しました。

そのおかげで、いまは数多くのブログの中でも上位グループに入れるくらいのアクセス数を得られるようになり、次のステージを目指せるようになったんです。

次のステージとは、ボク自身が設定した月間アクセス数100万です。

 

冒頭に書いたことを繰り返しますね。

 

あなたは人生で難易度の高い目標を設定して、それに向けて努力をして、見事に目標を達成したことはありますか?

 

もし、何もうまくいかないとか、世の中が世知辛いとか、そんなふうに考えているとしたら、それはあなた自身の問題かもしれません。

愚痴を言っても世の中は変わりませんが、行動を変えればあなたの人生は変わります。

 

だから、ダマされたと思って、考え方と習慣と行動を変えてみてください。

一時的なモノではなく、習慣化してください。

明日から始めるのでは無く、今から始めるんです。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

 

 

スマホやタブレットを立てるスタンドを買い換えた理由

iPhone スマートフォン タブレット

スタンド 

 

スマートフォンやタブレットを立てるスタンドを使っていますか?

ボクは使っています。

 

以前から持っていたのはこれ。 

small

 

 

これにiPhoneを載せてみると、次のとおり。

small-iPhone

 

 

ホントは普段はiPadを載せてますが、写真を撮りにくいので今回はiPhoneを載せてます。

 

ボクはモノを買うときは、いつも書いていますが、ブランドとかメーカーとかはどうでもいいんです。

大切なのは中身。

どんな機能を持つか。どんな性能を持つか。

それをじっくり検討した上で、上記のスタンドを買ったんです。

こちらですね。

 

 

で、しばらく使った感想は、とにかくコンパクトで、しかも背面の足の角度が変えられるので、iPadの角度を見やすい位置に調整できますし、完全にたためば、持ち運びに便利です。

でも、ひとつ気づいたんです。

それはiPadにLightningケーブルを挿していると縦に置けないってことです。

 

縦置きできるスタンド

 

それで、またじっくり考えて、次のスタンドを買いました。

big

 

 

Lightningケーブルを挿して縦置きすれば一目瞭然です。ほら。

big-iPhone

 

 

さっきのモデルだと、Lightningケーブルを挿しているときは横向きにしか置けなかったんです。

で、それは日常的に不便だな、と。

あと、よく考えたら、スタンドを持ち運ぶことってそんなに無いな、と。

なので、こちらのモデルに買い換えたと言うわけです。

 

 

最初から、Lightningケーブルを挿して使う場面を想定していたら、ひとつめのモデルは買わずに済んだんですね。

後者のこのモデルも、角度調整は可能ですし。

モノを選ぶときは徹底的に自分の目的と機能が合致しているかどうかを検証するボクですが、しかもそれを何度もこのブログに書いてきたボクですが、今回はちょっとミスしました。

 

ただ、できれば、後者のモデルも折りたたみできるなら、数少ない持ち運びの機会にもべんりなのになと思います。

探してみましたが、そういうスタンドって見つからないんですよね。

どこかのメーカーさん、ぜひ作ってください。

ケーブルを挿したまま縦置きできて、しかも折りたためるスタンド。

 

www.b-chan.jp

 

ブログで1日で30万というアクセス数を経験したことありますか?

SEO,ブログ,ネット収入

アクセス数を増やしたい 

アクセス数

 

 

ブログをやっているほとんどの人は、アクセス数(ページビュー)が増えるのを望んでいますよね。

そりゃ、少ないより多いに越したことは無い。

 

で、アクセス数の面で見れば、ブログと言うのは実に厳しい世界です。

なぜなら、人口と時間は限られているからです。

 

わかりやすく言うと、ブログの数が300万あるとして日本の人口が1億2千万人。

仮に日本人全員がブログを見るとしても、同時には40人ですよ。

実際には人気ブログが多くの読者を取ってしまうので、ほとんどのブログはアクセス数が限りなくゼロに近いんです。

 

そのアクセス数を決める大きな原因が、Googleと言う検索エンジンによる順位です。

検索で1位に登場するブログはたくさんの人に読まれますし、下の順位のブログはアクセス数がほとんど無いはずです。

 

ただし、たまに検索エンジンによらずにアクセス数を集められることがあります。

例えば、Yahoo!ニュースやグノシーのような著名なニュースサイトに掲載されると、Googleとは無関係にアクセス数が一気に上がります。

こう言うのを今風の言葉で言えば、

 

バズる

 

と言います。

ボクのこのブログはここ最近は1日に1万ほどのアクセス数をキープしています。

減りもしませんが増えもしません。ボク的にはちょっともどかしいところですが、これは安定して検索の順位を維持していることによります。

でも、たまに、バズることがあります。

バズり方にもよりますが、大きなバズだと、1日に数万単位でアクセス数が集まることがあります。

ただし、バズの特徴は、一気に増えて、すぐに収束すること。

ものすごくたくさんのアクセスを集めても、それは一時的であり、あっという間に元に戻ってしまいます。

だから、バズによってアクセス数を稼ぎ続けたいのなら、バズ記事を連発する必要があります。

それにはかなりの才能が必要ですし、才能があっても連発できるとも限りません。

 

そう言う意味では、やはり検索エンジンでの順位の方が重要なんですよね。

検索エンジンでのアクセス数は急激には増えませんが急激に減ることもあまりありません。

ブログで安定して収益を得たい人には重要なポイントです。

この場合の収益は、月給のようなモノです。毎月それなりに安定しますから。

逆に、バズ記事で瞬時にアクセス数が増えると、収益も一時的に高騰します。

これは、ボーナスですね。

 

ブログ運営を経営だとするなら、安定した収益(月給)と突発的な収益(ボーナス)の両方を目指したいところです。

 

ボク今のところ、それに成功していると思います。

少なくとも、ブログの安定した収益によって家賃や光熱費、食費を賄っていますし、たまに得るボーナスで、その他の消費や投資を行っています。

問題点は、もっと高いレベルで収益を安定させる必要があると言うことです。

ボクの当面の目標は月間のアクセス数(ページビュー)が100万です。

今が1日で1万なので、3倍ほど必要なんですね。

単純計算では、アクセス数が3倍になれば収益も3倍になります。

そうすれば、いろんな面で余裕が出てきます。

 

ところで、アクセス数が3倍になれば収益も3倍になるのは理論的な話。

 

みなさんはブログの1日のアクセス数で、今までに最高でどれくらいを経験したことがありますか?

 

ボクのこのブログの過去最高は、1日で33万と言うアクセス数です。

忘れもしない、2014年9月15日。

日本時間9月10日の午前2時からAppleのイベントがあり、iPhone 6が発表されました。

その記事を書いたんです。

これですね。

 

www.b-chan.jp

 

書いたときは平凡な記事でした。

はてなブックマークの数もたいしたことはありません。

しかしそれが9月15日にYahoo!ニュースで引用されたんです。

するとアクセス数は一気に爆発。

9月15日だけでアクセス数は33万以上。

翌9月16日も28万以上。

しかし、その翌日の9月17日にはアクセス数は3万に減りました。

まさにバズ。

 

そして、このバズは完全にまぐれです。

まぐれなのに、ボクの手元には驚くべき収益が転がり込みました。

まさに今までの人生で1日で稼いだ最高額です。

Googleの目があるので、具体的金額は書けませんが、かなりしばらく食っていける金額です。

 

マーケティング

 

ひとつ言えるのは、アクセス数が10倍になったからといって収益も10倍になったのでは無いということです。

実際の収益はその日は100倍くらいになりました。

つまり、普段の検索エンジン経由の読者とはまったく異なる読者層が、まったく異なる行動つまり広告クリックをしたということです。

 

バズ記事ってのはこう言うことなんですよね。

普段の愛読者、そして検索エンジン経由の読者とは違う読者が単発で見に来て、普段とは違う行動をする。

だから、もし、バズ記事連発を狙って収益を稼ごうと思うのなら、愛読者や検索エンジン経由の読者とは異なる戦略が必要です。

それは配置する広告の種類、数、レイアウトなど。

読者層がまったく異なるのに、そのどれにも受けようと思ってどっちつかずの戦略を採ると、結局、誰にも受けないことになりかねません。

経営戦略(マーケティング)で言うターゲティングとポジショニングは非常に重要なんです。

万人受けするために何でも揃えた飲食店を作ってしまい、特徴が無く、結局流行らなかったと言う話はよくあります。

大事なのは、どんな人に向けた飲食店なのか。

例えば若い女性がゆっくりくつろぐことを目的にやってくるカフェ。ハーブ系の食材や落ち着く家具、静かな環境などを提供します。

すると、家族連れや年配の男性と言う客層は捨てることになりますが、若い女性にヒットする、そんな感じですね。

 

ボクのこのブログはiPhoneの話題を中心にしつつも、実は雑記ブログです。

雑記ブログはどっちつかずですが、それでもボクは一定の読者層を想定しています。

それは学びたい人。

だから、これまでにもたくさんの学び記事を書いてきました。

逆に、捨てている読者層はヒマつぶしをしたい読者層。

学びたい人もヒマつぶしをしたい人もどちらもターゲットにすれば確かにマーケットは大きいですが、結局どっちつかずになって、どちらの読者層にも好かれないブログになります。

だからターゲットを絞りました。

もうひとつ、学びたい人をターゲットにした理由があります。

それはボク自身が学びたい人であり、実際、日々いろんなことを積極的に学んでいるからです。

つまり、自分が興味があって得意なことを記事にしているんです。

 

実はこれこそが毎日続けられる秘訣。

 

いくら世の中で流行っていても自分が興味も無ければ好きでも無いことは続きません。

iPhoneに関しては確かに日本では大人気の機種です。

でもボクはiPhoneが日本で人気だからこのブログを書いているんじゃないです。

自分が実際に使って好きだからです。

その操作性の良さを実感しているからです。

 

ここまで書いたことは、実は王道なんですよね。特殊なことはしていないです。

 

ブログを多くの人に読まれたいと言う話。

ブログで収益を得たいと言う話。

検索エンジンを重視していると言う話。

ターゲティングの話。

ポジショニングの話。

そして、自分が好きなことをしていると言う話。

 

最初に書いたように、ブログは、限られた人口と時間を取り合うシビアな世界です。

もし、ブログを運営していて、アクセス数(ページビュー)に悩んでいるのなら、ぜひ参考にしてみてください。

何もエラそうに言うつもりはありませんが、現実に毎月30万と言うアクセス数を実現しているブログなので、それより少ない人には多少は参考になると思います。

 

そしてボクは引き続き、もっと上を目指して創意工夫するのです。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp