読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ブログのネタに困ったら

SEO,ブログ,ネット収入

書き続ける重要性

 

ブログをやる以上、アクセス数(ページビュー)を増やしたいと思うのは当然のことでしょう。

そのためにSEO(検索エンジン最適化)が必要だと言われています。

SEOのひとつとして、ブログ記事をたくさん書くこと、毎日書くことが推奨されることがあります。

それに対して疑問を呈する意見もあります。

 

ボクのこのブログは、昨日までで975日連続で書き続けています。

記事数は2700本弱に到達しています。

当然ながら、1000日連続更新を目指していますし、3000本も目指しています。

 

毎日、ブログを書くことがSEOになるかどうかを議論する前に、もっと単純に考えてみてください。

 

例えば、毎日毎日、同じ番組を流しているテレビって、あなたは見たいと思いますか?

最初は見るでしょうけど、いずれ見なくなりますよね。

いつも新しい番組を流すから、多くの人はテレビを見たくなるわけです。

 

これ、ブログにも当てはまりますよね。

先月見たブログが、今月も更新されていなければ、来月はもう見ないでしょ?

昨日と今日とで違う記事がアップされていれば、明日も見たくなりませんか?

 

たまにしか記事をアップしない人でも集客力があるブログがありますが、それはその人に高度な才能があるからです。

でも、みんながそんな才能を持っているわけではありません。

なら、才能で勝負するのは避けて、努力で勝負しましょうよ。

 

100メートルを10秒未満で走ることができるのは、限られた人だけですが、100メートルをゆっくりでも良いから毎日走るのは、誰でもできます。

やるかやらないか、意思の問題です。

 

ボク自身は高度な記事を書く能力は持っていないので、その代わりに毎日書き続けているわけです。

つまり、明日はどんな記事がアップされているかと気にしてくれる人を読者層にしているわけです。

実際、月間30万ページビューを維持しています。

記事数が2500本を超えるブログなんて、世の中でごくわずかでしょうし、記事数2500本と月間ページビュー30万の両方を達成しているブログはさらに少ないでしょう。

そう言う意味で、高度な能力を持たないボクは、ちゃっかりとブログで成功しちゃっているわけです。

書くことを習慣化しているからですね。

 

ネタ集め

 

で、それなら世の中の多くの人ができるんですが、そこでぶち当たる最大の壁が、記事ネタ探しだと思います。

ではなぜボクは、975日も連続で書き続けられるのか、あるいは、なぜ2500本以上も書けるのか?

 

世の中の多くの仕事に当てはまることですが、メモを取ることがとても大切です。

気になったら、とにかくメモ。

メモ、メモ、メモ。

ボクは、メールをメモ代わりにしています。

こちらの記事を読んでください。

 

www.b-chan.jp

 

とにかく、何かあったら、その場で自分宛にメールするんです。

ニュースを見て気になったら自分宛にメール。

面白い出来事があったら自分宛にメール。

本を読んで気になることがあったら自分宛にメール。

 

そして、ブログを書く時間になったら、自分宛のメールにざっと目を通すのです。

ボクのGmailのブログネタフォルダのほんの一部をお見せします。

ブログネタ

 

 

この中から、書くことを選ぶわけです。

ブログは辞書や辞典では無いので、定義や説明を書く必要はありません。

例えば、新型iPhoneが発表されたニュースをブログに書く必要なんて無いわけです。

なぜなら、それはすでにニュースサイトで書かれていますし、集客力において、ブログはそれらにはとうてい及びません。

同じ土俵で戦っても勝てませんし、そもそも魅力もありません。

新型iPhoneが発表されたのなら、それに対して自分がどう思ったのかを書けばいいんです。

自分が思ったことは世界中で自分しか書けません。

その独自性が、読者を生むのです。

そして結果的に、その独自性がSEOにも有効になるのです。

 

完璧な記事を目指していては、いつまでたっても書き始められません。

気軽に、まずは書き始めるのが大切です。

自転車って、こぎ始めは重いですが、いったんスピードが出るとラクに走れますよね。

それと同じ。

まずは書き始めてみる。

いったん書くことになれれば、書き続けられるのです。

毎日、歯を磨くのと同じように、毎日、ブログを書くのです。

 

最初に言ったように、毎日書くことで、明日の記事を楽しみにしてくれる読者が明日も見に来てくれるのです。

SEOのための更新では無く、読者のための更新。

 

もし、あなたが、ブログのページビューを増やしたいと思う人なら、才能を磨くことよりも、行動する意思を磨くことをオススメします。

 

今回のこの記事、実は9割ほど書き終えたところでパソコンがフリーズして下書きがすべて吹き飛んで、また最初から書き直しました。

それでもこうやって書けるのは、書く意思があるからです。

 

 

 

「あいまいみー」が面白すぎて、「伝染るんです。」以来、20年ぶりの衝撃。

コミック 書籍

不条理4コマ漫画の最高峰

 

吉田戦車の「伝染るんです。」と言う4コマ漫画が大好きです。

 

www.b-chan.jp

 

20年前から好きです。

この世に、こう言う不条理な漫画があるのか、と衝撃を受けました。

それ以来、いろんな不条理漫画を読みましたが、伝染るんです。に匹敵する感動を得られる漫画に出会っていませんでした。

しかし、ついに去年、伝染るんです。以来の衝撃に出会いました。

 

それが、

 

あいまいみー/ちょぼらうにょぽみ著

 

です。

作者の名前からして狂気です。

 

主人公は4人の女子高生。

愛、麻衣、ミイ、そして、ぽのか先輩です。

  • 愛はマジメなキャラクターだが話によっては狂気になる。
  • 麻衣は純粋で狂気なアホ。
  • ミイは暴走・過激なアホ。
  • ぽのか先輩は謎の存在で、もしかしたら一番の狂気。

現時点でコミックが6巻、もうすぐ第7巻が出版されます。

もちろん6巻までのすべてを読んだんですが、その中でボクがこの漫画の面白さを表していると思う話を紹介します。

 

長靴とベンチと地震

 

まずこちらのコマ。向かって左の黒髪が愛。右がミイ。

ミイが長靴大好き人間になったことを告白しています。

長靴

 

 

そしてミイがおもむろに長靴を口に吸い付けます。

吸う

 

 

そして一発芸として「ベンチ」を披露するんですが、前方に倒れたので、足が折れてます。狂気です。普通、逆だろ!

ベンチ

 

 

すると、そこへ麻衣がやって来ます。麻衣はミイの親友ですがアホなので、ミイだとは気付かずに素敵なベンチだと思い込みます。

座る

 

 

そして、その「素敵なベンチ」に麻衣は座ります。当然のようにミイはガクガクブルブルと震え出すんですが、ミイは地震が来たと思い込むわけです。

地震

 

 

全部を紹介するわけにはいかないので、一部のコマを省略したんですが、これだけでもこの漫画の発想がわかってもらえたんじゃないでしょうか。ボクの中では名作認定ですよ。

 

電気棒

 

では、もう一話だけ。

ここでは、ぽのか先輩が登場します。向かって右です。4人は漫画研究部なんですが、麻衣とミイはいつもサボっていて漫画を描きません。で、愛によって、お仕置きとして檻の中に閉じ込められました。 檻の中で二人は反省せずに騒いでいます。

檻

 

 

そこで、ぽのか先輩は電気棒でミイを電流責めします。何せ、ぽのか先輩は狂気なので。

電気

 

 

そして二人は檻から出されて漫画を描くことになります。麻衣とミイは並んで座っていますが、ミイは黒こげ。でも麻衣はアホなので、お肉の良い匂いがすると言ってミイに尋ねるのです。

こんがり

 

 

どうでしょうか。

 

不条理漫画なんですが、時々、ほのぼのする話もちりばめられています。

 

ちなみに、ぽのか先輩はたいてい、何らかのコスプレで登場します。

この怪獣のコスプレは、入院したミイのお見舞いに来たときの、ぽのか先輩です。なんで、お見舞いでこの格好やねん!

怪獣

 

 

こんな、黒ひげ危機一発のコスプレもあります。「『ぽのか』よ」と言いながら登場するのが定番です。

黒ひげ

 

 

ほんの一部しか紹介できないので、残りはコミックで読んでみてください。

ボクが伝染るんです。以来、20年ぶりに気に入った不条理4コマ漫画。

絶賛オススメしておきます。

Kindle版もあるので、スマートフォンやタブレットでも読めます。

アニメ版も出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃の罪を懺悔(ざんげ)してみませんか

つぶやき

 幼なじみ

 

大人になった誰もが、小さな子供の頃の思い出を持っていると思います。

ボクも気付けばおっさん世代ですが、やはり子供の頃の記憶がたくさんあって、今でもあの頃に戻りたいと思うことがあります。

 

ボクは2006年から東京や横浜に住んでいますが、それまでは関西生まれの関西育ち。

 

www.b-chan.jp

 

今では当たり前になった携帯電話は、ボクが生まれた頃には影も形もありませんでしたし、将来、電話を持って歩くようになるとは思いもしませんでした。概念すらありませんでした。

 

パソコンだってありませんでした。

小学校の高学年くらいになって、ようやく、パソコンというモノが存在するらしいと言う世間の認識で、クラスでパソコンを使っているのはボクだけでした。

 

近所のおカネ持ちの友達の家にある自動車はボタンを押すだけで窓が開きました。今では当たり前のパワーウインドウは当時は高級車にしかありませんでした。

 

ボクの家庭はボクが小学3年生のときに、生まれ育った大阪府八尾市から奈良県に引っ越しました。

念願の2階建て一戸建てですね。

それまで、ボクの家族は長屋に住んでいました。

長屋って知ってますか?

平屋(1階建て)の小さな賃貸住宅が横にずらりとつながっていて、一番端に大家さんが住んでいます。

文化住宅と呼んだりもします。

要は、貧しい家庭でした。

ただ、当時のボクは小さかったので、貧しさという概念すら無く、楽しい毎日でしたね。

長屋なので、隣に住む幼なじみとは、壁越しにコンコンと音を伝えたり。

近所の友達の家に遊びに行くと言うよりも、すぐ隣に友達が住んでいる世界です。

そして、道を挟んで向かい側には、一戸建てが並んでいました。

大人になって考えればわかるんですが、ボクら長屋暮らしのこちら側は貧しい家庭。

そして向かいは比較的裕福な家庭だったんですね。

でも、子供のボクたちには関係無し。

隣の長屋の子供たちとも、向かいの戸建ての子供たちとも、みんな仲良く遊んでいました。

家の前の道で、みんなでままごと。今でもよく思い出しますよ。

 

こんなこともしました。

 

www.b-chan.jp

 

ひとつめの懺悔

 

もう何十年も前なのでとっくに時効ですが、ボクの心に一生残るできごとがあります。

目の前の戸建てに住む、みえこちゃんと言う女の子。ボクの1歳年下です。

と言っても、当時のボクもまだ小学校にすら行っていない頃です。

ボクは、みえこちゃんの家が留守のときに、みえこちゃんの家の敷地に入ったんです。

敷地と言っても門があるような大げさなモノでは無く、道から玄関のドアまで数メートルの小道がある程度。要は誰でもカンタンに入れるんです。

その小道はコンクリートでした。

小さなボクは何を思ったのか、コンクリートの真ん中にクギを立てたんです。とがっている方を上に。

もちろん、そんなところに立てても、すぐに倒れます。で、ちょっと倒れにくいように、少し土で固めたんですね。まあ、そんなことをしてもすぐに倒れるんですが。

小さな子供の小さなイタズラでした。

で、ボクはそのまま向かいの自宅に帰りました。

イタズラなのに、そのまま見ることも無く、忘れてその日は終わりました。

次の日、みえこちゃんのおじいちゃんが亡くなったのです。

ボクは恐怖で震えました。

 

「ボ、ボクのクギを踏んでおじいちゃんが死んだ……。」

 

考えるまでも無く、とっくにクギなんて倒れていて、亡くなったのは偶然だったんですが、当時の小さなボクには、自分のせいだとしか思えませんでした。

親にも言えず、みえこちゃんにも言えず。

そのまま時は流れ、小学3年生でボクは八尾を離れることになりました。

この話は今でもこれを読んだ人以外は誰も知りません。

 

ボクの中に引っかかっている、悪質な、でも子供だからやってしまったイタズラです。

 

ふたつめの懺悔

 

当時のボクの家の数件隣に、よりこちゃんと言う幼なじみがいました。

ボクより2歳年上。

その、よりこちゃんに、他の近所の子供たちと手紙を書いたんです。

それがあまりにもひどい。

 

「しんでください。よりこちゃん、きらいです。」

 

そんなことをツラツラとみんなで書いて、よりこちゃんに渡したんですね。

書いているボク自身が、いま、とてもツラいんですが、当時のボクは、いや、ボクだけじゃなく、みんなそうだったんですが、いじめの概念すら無く、なんの悪気も無く、ホントに単にイタズラで渡した手紙です。

でも、当のよりこちゃんは本気で泣きじゃくっていました。

よりこちゃんのお母さんが、とても悲しい顔をしてボクたちのところに諭しに来たのをボクは忘れられません。

どう考えても、完全にボクたちが悪いんです。

どうして、あんな悲しいことをしてしまったのか。

何にも悪くないよりこちゃんをあんなに悲しませて。

 

あれから数十年。もう、よりこちゃんに会う機会は無いでしょう。

どこかで幸せになっていて欲しい。

 

子供の無知が引き起こす悪質な行動。

そして、子供の純真さが生む悲しみ。

 

いつか大人になったとき、その大切な部分と悪い部分の区別が付く人になれればいいですね。

今のボクがそう考えるように。

あなたはどうでしょうか。そんな思い出、ありますか?

 

www.b-chan.jp

 

 

おカネ持ちになる人となれない人との違い

ファイナンス

おカネの使い方

 

今日は病院に行って、帰り道に頭痛が始まりましたよ。

何のための通院なのやら。

頭痛なので、新規アイデアではなく、既存のアイデアでサクッと記事をまとめて寝ることにします。

 

先日、こんな記事を書きました。 

 

www.b-chan.jp

 

上記の記事ではおカネの稼ぎ方に主眼を置きました。

 

収入の多い人がおカネ持ちになれると思いがちですが、実際には収入が多くても生活が苦しい人もたくさんいます。

収入はおカネ持ちへの道の入り口です。

おカネ持ちになるポイントは、おカネの「入」よりも、おカネの「出」にあることが多いんですね。

 

あなたがもし、今、100万円をもらったらどうしますか?

いくつかのパターンが考えられます。

 

  • 全額を貯金に回す人。
  • 一部でおいしいモノを食べたり、何かちょっと贅沢品を買う人。
  • 全部使ってしまう人。

 

ほとんどの人たちは、このいずれかに当てはまります。

でも、ごく一部の、おカネ持ちになる人は、このどれにも当てはまりません。

例えば、10万円のバッグを買いたいとしましょう。

100万円をもらって10万円のバッグを買ったら、残りは90万円。

失われた10万円は二度と返ってきません。

物欲の強い人がいます。

いろんな家電を買ってしまう人。

ダイエット器具を買ってしまう人。

いつか気付いたら、家にはガラクタのような品物だらけ。

使うのは最初だけで、あとは放置されています。

そんなガラクタ、売っても二束三文、場合によっては処分するのに、さらに費用がかかることもあります。

モノを買うと言うのはおカネを失うと言うことです。

目の前にあるモノは、ホントにおカネを失ってでも手に入れる必要があるモノかどうか。

 

とは言え、あまりガチガチに考えると、何も買えません。

買うこと自体は悪くないんです。

大事なのは、おカネ持ち体質になることです。

このブログでも良く出てくる「習慣化」です。

 

こう考えてください。

100万円を持っていて、10万円のバッグを買いたい場合。

すぐに買ってしまうのは誰でもできます。

でも、それだと、世の中の大勢の人たちと同じです。

まずは、100万円を投資しましょう。運用に回すのです。

そして、110万円になったところで、10万円のバッグを買えばいい。

そうすれば、100万円は残ったまま、バッグも手に入ります。

 

「そんなにカンタンにいくもんか!」

 

そう言いたいでしょう。

そうです。

錬金術は無いので、カンタンにおカネは増やせません。

ボクが言いたいのは、習慣化です。

 

上記の100万円は種銭(たねせん)です。

種銭が無くなってしまうと、運用益も発生しなくなります。

 

おカネが手に入ったら、まず何かを買ってしまう人。

そうすると、種銭は減ってしまいます。

おカネが手に入っても、すぐに買わずに吟味すること。ホントに今すぐ必要なモノかどうか。

買ってしまったモノは、その時点で中古品です。中古品からはおカネは生まれません。

おカネからはおカネを生むことができます。

元本があるから、利息や運用益が生まれるのです。

 

おカネ持ちになる人の習慣は、種銭を大事にする習慣。

おカネ持ちになれない人の習慣は、種銭をすぐに減らしてしまう習慣。

 

ガラクタを集める習慣

 

あなたの家を見回してみましょう。

使いもしないガラクタが転がっていませんか?

 

ミニマリストと言う言葉が定着しましたよね。

 

www.b-chan.jp

 

ミニマリストの大きなメリットのひとつが、種銭を無駄に失わないことなんです。

収入があれば、それは種銭になります。

しかし、冒頭でも書いたように、おカネ持ちへの道は、おカネの「入」よりも「出」にあります。

種銭を失うかどうかです。

 

もし本気でおカネ持ちを目指すのなら、

 

目の前の買い物はホントに必要かどうか

 

を真剣に考えてみてください。

モノを買う習慣をやめて、種銭を運用する習慣を身に付けてください。

実際にそれをやっている人は、ごく一部です。

日本人はおカネの大半を貯蓄に回します。投資に回す比率は非常に低いです。運用の習慣が身に付いていないんですね。

 

モノは買っちゃうわ、運用はしないわ。

そりゃ、大半の人はおカネ持ちにはなれません。

 

ボクは別におカネ持ちを礼賛するつもりはありません。

でも、おカネ持ちと言うだけで毛嫌いするのも変ですよね。

以前も書いたことがあるんですが、

 

  • 年収200万円の人は全額寄付をしても200万円しか寄付できないし、それでは自分も暮らせない。
  • 年収1億円の人は半分だけ寄付をしても5千万円なので多くの人が助かり、しかも自分も豊かな暮らしができる。

 

おカネは単なる道具なので、それをどう使うかは人次第です。

世の中の犯罪の多くもおカネ目当てじゃないですか。

悪人だから犯罪を起こしたのでは無く、おカネが無いから犯罪を起こした。

 

ボクは世の中が平和になることを願っています。犯罪の被害者が出ないことも願っています。

 

カネ儲けやおカネ持ちと言うだけで毛嫌いせず、単なる手段だと考えて、良い目的のために使うことを考えてみてください。

その結果、あなたも豊かになれば一石二鳥じゃないですか。