読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ブラック企業での宴会幹事

つぶやき ビジネス

幹事の段取り

 

とりあえず1日目の幹事、終わりました。

すでに書いているようにブラックな会社なので幹事と言っても楽しみでは無く義務的です。
挨拶からダンスからゲームから他のメンバーの余興からくじ引き大会からカラオケから最後の飲み会まで。
連日の深夜に及ぶ準備作業で、おそらく出来映えとしては悪くなかったはず。
一般企業ではね。
 

ブラックな宴会

 
しかしブラック企業は違います。
当日になって予定と違うイベントを無理やり挟まれ、そのおかげで段取りが狂い、次のイベントの準備作業が物理的に間が空き、それにより非難囂々。
みんなは表面的な判断しかしませんからね。
幹事の段取りが悪い、と言うことになるわけです。
原因は役職者にあっても誰も文句は言えませんから。
ボクも今までの人生で何度も幹事を経験してきましたが、ブラック企業は全然ちがいますね。
こんなにピリピリした宴会って何が楽しいのやら。
というかブラック企業って、何が楽しくて日々を送ってるんでしょう。
 
というわけで今日も研修。2日目が始まります。
 
また内実を書いてみようと思います。
ボクが辞める日まで。
 
 
 
 

朝の5時半に出社、そして長袖事件

つぶやき ビジネス

研修

 

ここのところ、勤務先のひどさに関する記事をよく書いてます。

今朝は5時半に出社のため朝の2時半起きですよ。
昨夜はいつもより早く夜の10時半に帰宅できましたが、それでも睡眠時間は2時間ほど。
その状態で今日は遠方へクルマを運転する必要があります。
1泊の研修旅行があるからです。
先日書いたように1日目の幹事がボクで、2日目が別のチーム。
 

長袖

 
2日目の幹事が、イベントのために長袖の上下を用意してくださいと告知したところ、社長は、
 
「俺は長袖の準備が無いんだよ!」
 
とブチ切れ。
幹事チームは昨夜も深夜まで社長に謝る方法で協議と対応。
社員たちは、
 
「もう何をすれば良いかわからない。」
 
と嘆いてます。
 
ね、ブラックでしょ〜。
バカ会社でしょ〜。
パワハラの違法性高いでしょ〜。
 
さて、その状態で今日の研修はどう始まるのでしょうか。
続き、面白ければ、また書きます。
 

終電で書く悩み

つぶやき ビジネス

続く悩み

 

昨日の人生相談の記事。

色んな人が読んでくれましたよ。
 
ボクの事だとは断定しなかったんですが、ボクの事として意見をもらいました。
ずっとこのブログを読んでくれてる人は、ボクのようなキャラクターなら、社畜より起業が向いているという意見。
 
確かに。
 
今日も午前様ですしね。
で、ほんの少し寝て、また早朝には起きなきゃ。
 
彼の悩みどころは2つ。
 
ひとつは、今の勤務先は人から紹介してもらった先であること。
まだ1年ちょっとなんですよね。
あまりすぐに辞めると悪い気もしてるんです。
 
もうひとつは、健康と体力に自信が無いこと。
そりゃ今の生活も大変です。
しかし起業すれば、健康面含めすべて自己責任。
もともと不眠症や頭痛が持病なので、それと戦いながらの起業はスタートラインから不利です。
 

眠りの中で

 
かと言って、今のままでも良いとも思えません。
 
どっちにしても、この真夜中に電車の中でこうやってブログを書きながら正常な判断もできません。
疲れています。
 
週末にゆっくりと考えます。
と書きたいですが、もちろん週末も仕事。
 
うーん、やっぱり今の状況を脱出すべきですかね。
 
帰宅したらベッドで考えてみます。
みなさん、ありがとう。
あ、いつの間にかボクのこととして書いてる。
 

とある人生相談

ビジネス

会社への不信

 

ある人の生活です。

ボクかも知れませんし、ボクじゃないかも知れません。

 

彼はブログで収入を得て生活をしていますが、会社勤めもしています。

会社に勤める理由は様々ですが、彼は手っ取り早く組織で多くの人と出会えるメリットを考えて会社に勤めました。

過去にもいろんな会社に勤めましたが、経営者が不法行為をして会社が存続できないという憂き目に何度か遭い、紆余曲折があって今に至ります。

彼はテレビを見ません。

テレビを見る無駄な時間はもったいないので、勉強などの充実した時間に充てます。

数多くの資格、経験、知識を持っています。

もちろん資格取得が目的ではなく、その知識を人の役に立てるのが目的です。

だから、経営者が不法行為をするのは許せないですし、潰れて当然だと感じています。

その結果、自分が職を失うことになりましたが、それでも不法行為をして存続するよりはマシです。

いま勤務する会社に入る前に、その親会社に入りました。

親会社の創業者は人格者です。

彼の紆余曲折も不法を許さない心も理解してくれました。

しかし、配属は子会社になりました。

というのも彼の経歴は金融・保険・ファンド・不動産などだったため、適切なのは不動産の子会社だと判断されたためです。

そのこと自体は彼も納得でした。

問題は、その会社の体質にありました。

不動産業者なのに、幹部含め、宅建資格保有者は非常に少ないです。

みんな試験に落ちるからです。

代表者や役職者のほとんどが資格不保持です。

年によっては受験した全員が不合格でした。

一般的には不動産会社では数年以内に宅建に受からないと在籍し続けることが許されない雰囲気になりましが、いまの会社では受かるほうが特殊な人間です。

不動産の会社なのに不動産の基礎知識が得られないんですね。

不動産は高額であるため、お客さんは専門家を信頼せざるを得ないんですが、それに応える専門性が無いわけです。

彼はそれは問題だと思っています。

法的には5人に1人以上を置けば良いことになっていますが、それも実体と見せかけとは異なる人員配置をすることで何とかごまかしています。

事実上の違法ですね。

彼はその時点で会社に憤りを感じています。

それでも彼自身は努力し、さらなる高みにある資格も取得し続けて、お客さんの役に立とうとしています。

それを聞いた代表者は、

 

「そんなもん、いらねえんだよ。客はペテンにかけりゃいいんだよ。」

 

と言うのです。

彼は思いました。

 

「自分に専門性が無いから、ペテンで勝負するしか無いのか。」

 

彼は悲しみました。

実際、この組織で仕事をしているの、あちこちでウソが飛び交っています。

とある営業が上手いと言われている営業マンといっしょに行動していても、その人がウソの数字で取引を成立させているのを目の当たりにしてしまいました。

営業が上手いのではなく、ダマすのが上手いんだと彼は思いました。

 

悩み

 

このことは親会社には伝わっていないんでしょう。

あまりにも親会社と子会社とでカラーが違います。

吸収した子会社なので、もともとカラーは違うんでしょう。

 

彼は悩みます。

この会社に在籍し続けるべきか。

毎日のようにウソが飛び交う職場。

それでも、この会社は親会社の連結決算に貢献しています。

と言っても数字上のことですが。

 

彼は悩みます。

自分の人生を賭けるべき会社かどうか。

 

もちろんいま辞めたら次の転職活動にはとてつもなく苦労するでしょう。

また、就職を紹介してくれた人にも悪い気がします。

 

それでも自分に正直になるべきでしょうか。

いまの会社をやめて好きなネット関係の事業を拡大すべきでしょうか。

馬鹿正直に他の会社を探すべきでしょうか。

自分の専門性を生かせる職場を探すべきでしょうか。

 

そんなことは自分で決めるべきですよね。

 

そうです。

自分で決めます。

 

ただその前に、ここにちょっと書いておきたかったんですよね。

読んでくれた人、ありがとう。

あ、彼の話ですよ。

 

今日も残業代も支払われず深夜まで働いているメンバーたちがいます。

彼もそのひとり。

 

 

 

他人に従うな。他人に逆らうな。

つぶやき

個性

 
例えば日本ではiPhoneがよく売れてます。
ボクも使ってます。
じゃあボクは流行モノに飛び付いたのかと言えば、それは違うんです。
仮に今後、iPhoneが売れなくなって少数派になっても、iPhoneが今の操作性を維持してくれるなら、使い続けます。
逆に言えば、iPhoneよりもっと使いやすい機種が登場すれば、あっさり乗り換えます。
これまでにAndroid機含め色んな機種を使ってきましたが、今のところiPhoneが一番使いやすいですね。
だからiPhoneを使ってるんです。
特にApple信者でもどこのメーカーの信者でも無いです。
 
 
世の中で流行ってるかどうかは他人による評価であり、自分には関係無いわけです。
自分が使う道具なので自分が使いやすいかどうかが大事であって、他人とは感覚が異なるのが当たり前である以上、他人の評価に流されても自分が損するだけですよね。
自分が使いにくいモノを、世の中で人気があるという理由で飛び付いて我慢して使っても意味が無いじゃないですか。
 

料理

 
料理の話だとわかりやすい。
食べログのような点数ランキングに大した意味は無いです。
だってあれ、他人による評価ですから。
例えば10人中9人がおいしいと思う料理でも、自分が実際に食べてみてマズいと思ったらそれはマズいんです。
他の人に合わせてわざわざ我慢しておいしいとウソを付く必要は無いですよね。
味覚なんて人によって異なるのが当たり前なので、料理店の点数ランキングなんて、
「あっそう」
くらいの意味しか無いわけです。
 
自分の人生を生きましょうよ。
他人が良いと思ったモノを自分にとって良いモノだと勘違いする人、多いですよね。
 
世の中のヒットソングを聞く。
流行っているゲームをする。
みんなが結婚するから自分も。
ヒットした映画を見る。
流行っている料理を食べる。
人気ランキング上位の会社に就職する。
 
そんなことばかりしてたら、自分の意思はどこにあるんですか。
生ける屍。
自分の人生なのに決めるのはすべて他人の評価。
一回だけの自分の人生。
自分の感性を大事にしましょうよ。
 
あ、勘違いしないでね。
みんなと違うことをしようという意味じゃ無いです。
よく考えましょうよ。
みんなのやることを見て、それと異なることをやるのって、結局それもまたみんなから影響されてるってことでしょ。
そうじゃ無いんです。
 
要するにね、相関係数が1やマイナス1になるなってことです。
相関係数ゼロですよ、ゼロ。
これが自分らしさ。
 
相関係数の意味がわからない人はこのブログの検索欄で検索してみてください。たぶん出てきます。
 
 
 

iPhoneとiPadとMacで自動的に無線LAN(Wi-Fi)の設定が連携された

パソコン

無線LANの設定

 

ボクの勤務先には無線LAN(Wi-Fi)の電波が飛んでいます。

日常的にはiPhoneでそのWi-Fiを使って通信しています。

Wi-Fiを使うには、SSIDとパスワードを設定する必要があります。

iPhoneにも当然、設定しています。

 

MacやiPadでも

 

先日、事情があって、職場に、ボクのプライベートで使っているMacBook Airを持って行きました。

もちろんそのままではネットが使えません。

さっそく、MacBook AirにもSSIDとパスワードを設定しなきゃ、と思ったら、何とすでにWi-Fi通信できる状態になっているではありませんか。

 

で、昨日、同じようにボクのiPad Air2を職場に持って行きました。

するとこれまた、SSIDとパスワードが自動的に設定されていました。

 

要するに、最初にiPhoneでSSIDとパスワードが設定されれば、同じアカウントで動くMacBook AirやiPadでも自動的に設定されるようです。

 

知らなかった……。

 

iPhoneを使っている人は、同じAppleのMacBook AirやiPadを使うと、様々な便利な連携機能が使えると書いてきましたが、無線LANの設定も自動的に連携されるんですねえ。

ネットでこの件に関して検索してみても、とっさには見つかりませんでした。

みなさん、試してみてください。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

 

ブログを継続できない理由にツッコミを入れてみる

SEO,ブログ,ネット収入

ブログ継続の秘訣

ブログイメージ

 

 

今回は、こちらのブログ記事をとりあげてみますよ〜。

 

www.bokunoikinuki.com

 

ま、ありがちな話が書いてあります。

 

ひとつ、のっけからツッコミを入れさせていただくと、

 

「ブログ継続をできない」

 

のではなく、

 

「ブログ継続をしない」

 

のです。

ホントにできない人はほとんど存在しなくて、単に気持ちの問題です。

できるのにやらないだけです。

例えば、食事。

生まれてから今まで、毎日毎日、食事をしていますよね。

食事が長続きしなかったことなんて無いですよね。

食事が三日坊主なんてこと無いですよね。

それは本人にその意思があるからです。

忙しくて、ここ1週間は食事をしていない、なんて人はまずいないでしょう。

 

できないのではなく、しない、ということを認識してください。

能力の問題でも環境の問題でもなく気持ちの問題です。

 

これ、朗報なんですよ。

もし能力の問題なら、能力が無い人には実現不可能ってことになります。

もし環境の問題なら、環境が悪い人には実現不可能ってことになります。

でも違いますよね。

気持ちの問題です。

つまり気持ちさえ切り替えれば誰でも実現可能。

未来は明るいのです。

 

当該記事の最初に書いてある三日坊主に関しては単に本人に問題があるだけなので、簡単に克服できるんです。

食事を継続するのと同じです。

 

www.b-chan.jp

 

目標

 

では、2番目の目標に関して。

んんーと、サラリーマン並みのラクな印象を持っているのなら大間違い。

ボクは豊富なサラリーマン経験とブログ収入の両方の経験があります。

サラリーマンは会社から仕事を与えてもらって給料を与えてもらうという意味で、あらゆる業態で一番ラクな仕事です。

自営業や起業では、来月の収入の保証すらありませんし、トラブルは自己責任ですからね。もちろん負債を抱えることもあります。サラリーマンとは雲泥の差で難しいです。

で、ブログで収入を稼ぐのはもちろん後者。

自分の責任です。

だれも安定して収入を与えてくれません。

ローリスク・ローリターン、ハイリスク・ハイリターン、という言葉を知っていますよね。

サラリーマンはリスクが低い代わりにリターンも小さいんです。

普通に会社勤めをして月給が500万円とか1000万円とかになることはほとんどありません。

逆に自営や起業では失敗のリスクが大きい代わりに、それを受け入れることで、大きな収入を得るチャンスもあるということです。

ブログで収入を得たいのなら、サラリーマン根性は捨てましょう。

サラリーマンよりも圧倒的に成功確率は低いし努力も必要ですよ。そのかわりサラリーマンでは手に入らないチャンスがあるんですから。

たかだか数ヶ月で根を上げるのならブロガーや起業には向いていません。

ボクはこのブログを6年続けていてやっと生活できるようになりましたし、少なくとも直近2年間は1日も欠かさず書いてます。もちろん年末年始も祝日も関係無いです。しかもボクはサラリーマンもやっています。そこらへんのサラリーマンより並外れていると思いますよ。

目標はあくまでも月間のアクセス数(ページビュー)が継続して100万超え。10年で達成することになるかもしれません。

 

www.b-chan.jp

 

興味

 

次に、書く内容について。

自分の興味の無いことを書いていれば、それはもう飽きるでしょう。

でも、それはさっきも書いたように自己責任ですよ。

ボクはこの世の何にでも興味を持っています。

だから趣味も多いんです。

本もたくさん読みます。最低でも年間に100冊は読みますし、実際はもっとです。

転職も繰り返し、引越しも繰り返し、とにかく短い人生で膨大な経験をしようと行動しています。

興味が少ない人は世の中にあるモノで書くことも少ないのは当たり前。

目の前に興味のあることが1000個転がっていれば、1000個の記事を書けるんですよ。

だから、本人の心がけ次第です。

最初に書いた通り、本人の心がけで良い方向へ変えられるんだからラッキーなんですよ。

知識は増えれば増えるほど謎が増えて行く。興味が増えれば増えるほど興味深い分野は増えて行くんですよ。

人並み外れて勉強しましょう。

 

www.b-chan.jp

 

ネタ

 

次。ネタが尽きたかどうか。

もう答えが出ましたね。

この世界には数え切れない出来事があります。

ネタが尽きるなんてありえません。

尽きたのは本人の気持ちの問題。

 

ひとつヒントを差し上げるとしたら、それはメモを取る習慣を身につけることです。

人間は忘れる生き物ですから。

日常生活でちょっと気になったらすぐにメモ。

誰かが良いこと言ったらメモ。

本を読んだら要点をメモ。

おいしかった食べ物をメモ。

失敗体験をメモ。

 

www.b-chan.jp

 

時間

 

そして、最後。

他のことが忙しいという話。

これ、たいていウソです。

そんなに忙しいですか?

忙しくて食事もできませんか?

忙しくて睡眠時間削っていますか?

1日に1秒もテレビを見るヒマありませんか?

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

 

結論

 

以上、いろいろ書きましたが、いかがでしょうか。

ボクなりの結論。

ブログが続かないのは単なる本人の気持ちです。

やる気が無いだけ。

でもそれでいいんですよ。

だってやる気が無ければ、それは本人に跳ね返るだけですから。

自己責任です。

やる気があってきちんと継続して研究している人は収入を得ていますし、そうじゃ無い人は収入を得られません。

ちゃんと理にかなっています。

一方、やる気がなくてもそれなりに毎月収入を得られるのがサラリーマン。

クビにならない限り安泰です。

 

つまり、言い訳をする人はブロガーには向いていません。

言い訳しても意味無いんですから。

すべて自分の責任。

だから、ブログが続かないことを言い訳するなら、悪いことは言いません。

起業にも向きません。

さっさとやめてサラリーマンとして生きてください。

それが一番幸せになる方法ですよ。

 

言い訳せず、並み外れた興味と努力と執筆を継続できるなら、ブログで幸せになれるでしょう。

安心してください、能力の無いボクでも努力でここまでできてるんですから。

 

というわけで今日も書きましたよ〜。

 

 

被災地への千羽鶴が拒絶されて怒っている人たちにわかりやすく説明するよ

ニュース

千羽鶴 

 

被災地への千羽鶴。

せっかく送ってあげたのに、いらないと言われて怒っている人たちがいます。

 

togetter.com

 

世の中には頭の良い人、思考力がある人もいますが、そうでない人もいます。 

上記の例でも、頭の良い人なら、すぐにおかしさに気づくんですが、そうで無い人は怒っちゃうわけです。

 

「せっかくの善意を踏みにじるとは。」

「送った子供の気持ちを考えろ。」

 

こんなことを平気で言っちゃうわけです。

理由は簡単。

そのおかしさに気づいていないから。

残念ですが、思考力が足りません。

そこでボクが、なぜおかしいのかを書いてみますよ。

 

困っている人たち

 

話を簡単にするために、別の例を書いてみます。

ちょっと例としては変ですが気にしないで。あくまでも話をわかりやすくするための例です。

 

道端で、体調が悪くなって、苦しくてうずくまっているAさんがいるとします。

そこへBさんが来て、Aさんの上に重い岩を載せました。

ただでさえ苦しいAさんは岩を載せられてさらに苦しみます。

Aさんは、

 

「やめてください。」

 

と言います。当たり前ですね。

ところがBさんは言います。

 

「これはあなたの苦しみが治るよう祈る儀式です。あなたは私の善意を踏みにじるのですか?」

 

ね、変でしょ?

善意があるのはわかります。だからその気持ちはありがたく受け取りましょう。

しかしその方法論はあくまでもBさんの都合であって、苦しんでいるAさんにとっては何のメリットもありません。

メリットどころか、さらに苦痛を与えられているのです。

 

書いていて、あまりにも当たり前すぎてバカらしくなるんですが、要はそういうことです。

 

送る側の子供よりも被災地の子供

 

被災地の人はただでさえ苦しんでいるんです。

だから被災地以外の人からの善意の気持ちはとても嬉しい。

しかし、気持ちを超えた行動は時にはさらなる苦しみを生みます。

被災地はめちゃくちゃで、人の居場所もモノの置き場も不足しています。

そこへ千羽鶴が来たらどうでしょうか?

ただでさえ負担なのに千羽鶴の置き場を確保しなければならないという余計な作業が増えるのです。

苦しんでいる人にさらに苦痛を与えます。

送る人は自分の都合しか考えていません。さっきのBさんですよ。

だから、

 

「送った子供の気持ちを考えろ。」

 

なんて言うんです。

送られた側の気持ちよりも送った側の気持ちが重要なんですね。

 

でも、送った子供よりも送られた子供の方がずっと苦しいんです。

なぜ苦しんでいる被災地の子供より、送った側の子供を優先しなきゃならないんですか?

送った側の子供よりも被災地の子供を大事にしましょうよ。

 

善意と言うのであれば、ホントに善意を送ってほしいモノです。

送った側の気持ちを優先させているのなら、それは善意では無いんです。

それこそ偽善。

 

祈りという「気持ち」そのものを拒絶してるのではないんです。

迷惑になっている「行為」を拒絶してるんです。

 

もし賢い大人なら、千羽鶴を送ろうとしている子供たちにそれを教えるはずです。

大事なのは迷惑なモノではなく、気持ちなのだ、と。

 

千羽鶴を送ろうと思っている人。

ホントにそれは被災地の人の役に立ちますか?

絶対に迷惑にならないと断言できますか?

自分の善意のために送ろうとしているのでは無いですか?

自己満足の善意ならやめましょう。

 

www.b-chan.jp

 

 

Twitterは本文とユーザー名を分けるべきという話

Twitter

文字制限緩和

 

Twitterが良い改革をしようとしています。

 

japanese.engadget.com

 

Twitterを活用している人なら思い当たりますよね。

昔はURLがそのまま文字数カウントされたので、長いURLは貼れませんでした。

その後、URLを短縮する技術が登場。その技術でいったんURLを短くしてからTwitterに貼っていました。

しかし、今のTwitterはURLを自動的に短縮する機能があり、そんな面倒なことをする必要が無くなりました。

徐々に進化しているわけです。

 

でも、まだ理不尽だと思うことがあると思うんですよね。

そのひとつがハッシュタグ。

ハッシュタグをいくつも貼るだけで文字数が消費されるので、本文が書けなくなるんですよね。本末転倒。

あと、@で始まるユーザー名も文字数にカウントされるのが理不尽です。現実的に10人への同報配信は難しいです。

 

フィールドを分ける

 

そもそも論ですが、Twitterって記入フィールドが1種類しか無い点に問題があるのでは無いでしょうか。

ボクは個人的には、次の図のようにフィールドを完全に別枠にすべきだと思うんですよ。 

Twitterの構造

 

 

本文にはあくまでも140文字をきちんと確保します。

で、宛先、ハッシュタグ、URL、添付ファイルにはそれぞれ専用のフィールドを設けておくのです。

こうすれば、書きたいことをきちんと書きつつ、送信先も確保し、ハッシュタグもURLも遠慮なく付けられるじゃないですか。

見てわかるように、ほぼ、メールに近いですよね。

概念的にメールと違うのは、140文字制限がある点とツイートが公開される点。

 

ちなみに上記のようなシステムにした場合、あらたなデメリットが生じます。

例えば、宛先数の制限が無くなるため、スパムを送りやすくなります。

スパマーへの監視体制やブロック機能の充実が必要でしょうね。

でも、そんなデメリットよりもメリットが大きいと思うので、ボクは、これがいずれ実現することを願います。

公式リツイートと非公式リツイートが混在する現状も解消され、タイムラインも見やすくなるでしょうし。

 

www.b-chan.jp

 

 

○×ピンポンブーをブログで紹介することになるとは

家電

宴会の準備

 

ただでさえ忙しいのに宴会の幹事。

 

www.b-chan.jp

 

普通の会社は宴会はお楽しみですが、ボクの勤務先は宴会の演出も仕事です。

お客さんをもてなす能力を問われるんですよ。

ま、個人的にはそんな評価はわりとどうでもいいんですが、なにせリーダーがリーダーシップを発揮しないので、ボクがみんなを引っ張らざるを得ない状況。

 

www.b-chan.jp

 

クイズ形式のゲームを盛り上げるグッズ

 

そんなリーダーが司会をやらなければいけないため、盛り上がりに欠けそうだという懸念があり、グッズを買っちゃいました。

これです。

 

 

先日紹介した、Amazonプライムで取り扱ってるので注文して2時間で手に入れました。

 

www.b-chan.jp

 

クイズの解答者が正答の場合、司会者が口頭で、ピンポーン!と言うより、こういうグッズを使う方が段違いに盛り上がります。

 

表面には赤い○、裏面には青い×、そしてそれぞれの面にボタンがあります。

裏面が正解のボタン、表面が誤答のボタン。

つまり、正解なら表面を向こうに向けて親指で裏面のボタンを押すわけですね。

で、正解の場合のみ、上にあるランプが光ります。

 

ああ、こういうモノをゲットする日が来るとは。

実際の動作は、最後の動画を見てください。 

まる

 

 

ばつ