読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

スマホ前、スマホ後

ビジネス スマートフォン iPhone 携帯電話

携帯電話の世界

 

2007年にスティーブ・ジョブズがiPhoneを発表して10年。

世界はスマートフォン前とスマートフォン後とで変わってしまいました。

 

スマートフォン前の世界は携帯電話の世界。

確かに、携帯電話が普及する前後でも世界は変わりました。

ボクが社会人になった頃はギリギリで携帯電話が無い最後の時代でした。

入社当時はポケベルを使ってましたから。

その後、携帯電話が普及しましたが、まだ通話のみ。

画面も白黒。

で、少しずつ進化し、携帯電話にカラー画面が登場した時に、ボクは飛びつきました。

ただ、そのときはまだ、画面がカラーと言うだけ。

その後に、ネット接続できるようになりました。

それでも、ろくなネットサービスは無く、せいぜい、音楽をダウンロードしたり、ゲームアプリをダウンロードしたりする程度。

 

で、そんな中で2007年のiPhoneの登場です。

 

携帯電話からパソコンへ

 

iPhoneは携帯電話と言うよりもパソコンです。

昔からパソコンはありましたが、家族や職場で共有することが多く、厳密に言えば、パーソナルなコンピュータとは言いにくかったんですよね。

でもiPhoneはまさにパソコン。個人個人で使いますからね。

しかも最初からネット接続を前提に設計されています。

 

  • いつでもネットワークにつながる
  • どこでもネットワークにつながる
  • 誰でもネットワークにつながる

 

この3つを同時に満たしたホントの意味でのパソコンが地球の歴史上で、ついに登場したんですよね。

だから世界が変わりました。

世界はスマートフォン一色になりました。

以前の携帯電話とスマートフォンと比べる人が多いですが、そもそも比べることに意味は無く、まったく別の機械なのです。

 

携帯電話はあくまでも電話機。

スマートフォンはパソコン。

 

Airbnb

 

Airbnb(エアビーアンドビー)を知ってますよね。

自宅の部屋が空いていたら、そこを宿泊場所として提供するサービス。

いつでもどこでも誰でもがネットにつながることで実用的になりました。

従来は決まった宿泊施設に限定されていたのが、Airbnbによって誰もが宿泊場所を提供して収益を得られるようになりました。

手元のスマホで簡単に探せるようになったからこそ実現したわけです。

泊める方の人も止まる方の人もメリットを享受できます。

 

Uber

 

Uber(ウーバー)もそうですよね。

手元のスマホで簡単にタクシーを呼び出せます。

従来のように自宅やホテルや会社と言った場所に縛られることも無くなりました。

タクシー側にもビジネスチャンスが増え、乗客側にも利便性が増え、これまたみんなにメリットが発生しています。

 

他のビジネスチャンス

 

クロネコヤマトが荷物の数の増大で苦しんでいるニュース。

これまた、スマホで解決できそうです。

Airbnbの宅配版ですね。

例えば浦和から東京へクルマで行く用事がある人。

その人がスマホアプリをチェックすると、浦和から東京へ荷物を運びたい人が見つかります。

そこで、クルマで移動する人が、ついでに浦和で荷物を預かって東京に届ける。

本業のクロネコヤマトと違って、あくまでもついでの儲けなのでコストは安くできます。

運んでもらう人にも、運ぶ人にもメリットがありますね。

しかも、宅配業者に集中する荷物の軽減にもなります。

 

規制

 

ここに書いたサービスが本格的に普及するには規制緩和が必要です。

いつの時代にも、新しいサービスが登場すると、それに抵抗する勢力がいます。

古い産業で既得権益にしがみつく人たち。

それを保護すれば、いつまでも生活は便利になりません。

 

上にいくつか書いた新サービスは、サービスを提供する側にも、サービスを受ける側にもメリットがある、いわゆる、ホントの意味でのWin-Winの関係です。

 

規制産業は、必ずどちらかが不利益を被ります。

サービスの善し悪しでは無く、規制によって保護されている企業、つまり甘やかされた企業は、いずれ滅びる運命です。

 

どのみち個人がネットにつながる世界は避けられないので、いつまでも既得権益にしがみついて滅びるのを待つよりも、積極的に活用する方が、みんなが幸せになれる。

 

不動産業界にいるボクは、つくづくそう思うのでした。

未だに日本の不動産業界では、FAXで資料のやり取りをするのがスタンダードなんです。

まったく、どこの原始国家なのやら。

 

www.b-chan.jp

 

 

 

 

機動戦士ガンダム THE ORIGINを一気読みして泣こう

コミック 書籍

ファーストガンダム

ズゴック

 

 

機動戦士ガンダム THE ORIGINのKindle版が全24巻、ついに揃いましたね。

 

 

 

 

機動戦士ガンダムは言わずと知れたロボットアニメの金字塔。

あまりにも人気が高すぎて、数々の続編や派生作品が登場し、ボクはまったく追い切れていません。

と言うか、1979年に始まった初代のオリジナルガンダム、いわゆる

 

ファーストガンダム

 

しか知らないのです。

ボクもまだ小学校低学年でしたね、確か。

日本中でガンプラ(ガンダムのプラモデル)が大流行。

ボクは当時、そのブームに巻き込まれていなかったはずなんですが、ある日、近所の自動車ディーラー(ダイハツのお店)でお祭りがあったので、参加したんです。

で、くじ引きでたまたまガンプラが当選したんです。

当選したのは、ギャン。

 

 

 

 

まだガンダムを見たことも無かったボクは、ギャンの役割をまったく知りませんでした。

おとなしかったボクは、近所の年上のお兄ちゃんの家でさっそく組み立てさせられることに。

当時のガンプラって色は単色。ガンダムカラーと言うインクが市販されていて、それで塗るんですよね。それがまた楽しみのひとつだったようですが、その日はとにかくそんなのも持っていないので、組み立てるだけでした。

年上の兄ちゃんが作業途中でギャンの刀(サーベルと言う)の先端を折ってしまいました。

ボクの人生初ガンプラは破損から始まったんですね。

完成してもたいしてカッコよくも無いギャン。

ヒーロー然としているガンダムに対し、いかにも敵っぽいデザイン。

しかし、その日からボクのガンプラ熱は上昇していきました。

それからと言うもの、

 

  • ザク
  • グフ
  • ドム
  • ズゴック
  • ゴッグ
  • アッガイ

 

などと買いそろえていき、いよいよガンダムカラーも買い、近所の友達もガンプラに染まり、小学校時代の青春はガンプラでした。

 

特にボクのお気に入りは、

 

  • リアルタイプ ゲルググ

 

 

 

 

デカールと呼ばれる透き通ったシールを貼るモデルです。

これを手に入れるために抽選券を手に入れたような記憶が。

 

泣けるガンダム

 

子供の頃のボクはガンダムを単なるロボットアニメだと思っていました。

しかし大人になってから見直すと、まあ泣ける泣ける。

つまり、当時の他のロボットアニメと違って圧倒的にストーリーテラーなんです。

確かにロボット(モビルスーツと呼ばれる)にも重きは置かれますが、それ以上に重要なのが人間関係。

もう、全然、勧善懲悪じゃ無いんですよね。

主人公アムロの苦悩。

そして敵となるシャアもまた苦悩の人。

 

物語の中ではいくつも泣ける場面があるんですが、ボク的にはやはり、カイとミハルの出会いと別れ。

帰ることの無いミハルをいつまでも待つ弟たち。

 

ガンダムの中でも一二を争う名場面ですが、実は第24巻に後日談があります。

カイとセイラの再会シーンです。

これには泣けました。

 

THE ORIGINと言う漫画は、基本的にはファーストガンダムをベースにしているので、ボクのような初代ガンダム世代にはたまらないんですが、かなりの創作があって、まったく初めてガンダムを読んでいる気持ちにもなります。

そして、ホントにまったく初めてガンダムを読む人にもピッタリ。

 

日本を代表するアニメ、そして漫画であるガンダム。

その源流であるTHE ORIGIN。

 

ボクも大人になり、こうやって全巻を読破できるようになりました。

Kindleと言う電子書籍ならではの大人買い。

 

ぜひ、これから読む漫画を探しているみなさん。

全巻大人買いして一気に読んでください。

必ず満足するはずです。

そして、他のガンダムシリーズも読みたくなるでしょう。

 

 

iPhone使い方教室……その3.アドレス帳を守る

アドレス帳 メール カレンダー 携帯電話 スマートフォン iPhone Google

アドレス帳 

アドレス帳

 

ボクの知り合いの名ばかりIT業界出身者。

先日、彼に、

 

「●●さんにメール出しておいて。」

 

と依頼したんです。

すると、彼はメールアドレスを知らないと言います。

 

ん?

 

以前から、メールのやり取りをしていたはず。

おかしいなと思って訊ねました。

すると彼は言うんです。

 

「前のスマホが壊れたので買い換えたんですよ。だからアドレスが消えました。」

 

え!

 

あいかわらずの名ばかりIT業界出身者だ!

 

スマートフォンの強み

 

ガラケーと呼ばれる昔の携帯電話からスマートフォンに買い換えた人は、単に操作性が違うだけだと思っている人も多いようです、彼のように。

 

ぜんぜん使いこなせていないんですね、もったいない。

 

ガラケーとスマホにはいろんな違いがあるんですが、ボクが思う最大級の違いは、

 

スマホはクラウドと密接である

 

と言うことだと思うんです。

ボクはこんなブログを書いているくらいなので、iPhoneをガッツリと使いこなしているんですが、特に重視しているのがアドレス帳。

 

昔のガラケーにたくさんの友人知人のアドレスを登録していた人。

万が一、壊れたりしたら大量のアドレスを失ってしまいます。

だから、パソコンなどにたまにバックアップを取っていたと思います。

 

しかし、スマートフォンでは根本的に違います。

代表的なのはGmailですね。

Gmailにはアドレス帳機能があります。

iPhoneやAndroidなどにGmailを設定しておいて、そこにどんどんアドレスを登録します。

1000件でも2000件でも登録できます。

登録したアドレスが、間髪入れずにクラウドと同期されます。

つまり、アドレスはスマホの中に保管されるのでは無く、ネット上のクラウドサーバーに自動的に保管されるんです。

スマホは常にネットとつながってますからね。

これがガラケーとの最大の違い。

 

だから、スマホが壊れようが紛失しようが、アドレス帳のデータは失われることはありません。

別のスマホを買ってきて、Gmailのアカウントでサインインしてしまえば、カンタンにアドレス帳(だけではなくメールも)が復活します。

 

冒頭に登場した名ばかりIT企業出身の彼は、Gmailのこともスマホのこともよく知らないんですね。

だからせっかくのスマホなのにカンタンにアドレスを失ってしまったわけです。

 

今回は具体的な設定方法までは説明しませんが、スマホユーザーのみなさん、ぜひ知っておいてくださいね。スマホの様々なデータはスマホ内に保存するのでは無く、クラウドに保存されるのだと。だから、スマホがどうなっても、データは消えないことを。

 

アドレス帳、メール、写真、地図データ、スケジュール表その他、とにかく、スマホに登録しておけば安心なんです。

ガラケーとは根本的に違うモノだと思ってください。

 

 

 

 

圧倒的コストパフォーマンスのタブレットを入手

タブレット Android iPhone スマートフォン 書籍

快適な読書

 

こんにちは。

今日の途中のこのブログの状態はこんな感じです。

ブログ執筆

 

 

あくまでも、はてなブログの管理画面上の数値ですが、昨日まででブログを書いた日数は2000日ちょうど、連続執筆は1044日、アクセス数(ページビュー)は990万ちょっと。もうすぐで1000万を突破します。

 

そんなわけで、いつ、連続執筆が止まるのか、自分でも気になりながら、今日も書くわけです。

 

今日は読書の話。

 

毎日、仕事が忙しい中で、それでも人並み外れて猛勉強するにはどうするか。

それはスキマ時間を利用することです。

 

ボクは仕事上、不動産物件から物件へ移動することが多いんですが、なるべくクルマを使わずに電車移動。

理由はカンタン。

クルマを運転することは時間のムダだからです。

趣味としてクルマを運転するのは好きですが、それは運転が目的だから。

しかし仕事での運転は、やむを得ない場合を除いて何のメリットもありません。

運転中にはラジオや音楽を聴くくらいしかできないですから。

運転手付きのクルマに乗れればいいんですが、仕事ではそれはありません。

と言うわけで、電車移動。

電車での移動中にはとにかく本を読みます。

ちょっとでもスキマ時間ができたら本を開きます。

と言っても、昔と違って、今は電子書籍。

ボクも99%は電子書籍です。

紙の書籍は持ち運びが重くて、複数の書籍を持ち運ぶには物理的に無理がありますから。

 

電子書籍の手頃なサイズ

 

ボクはiPhone 7 Plusを持っています。画面は5.5インチ。

スマホとしては大きいので、昔の4インチや3.5インチのiPhoneと比べると飛躍的に電子書籍を読みやすくなりました。

それでも小さいです。

文庫本よりも面積がずっと小さいです。

 

また、9.7インチのiPad Air 2も持っているんですが、これは電車内で読むには大きすぎるんですよね。

座席に座れれば読めますが、立っているときにはちょっと難しいです。

それなりに重くて持ち運ぶのにもちょっと不便なんです。

しかも高価なので落下の心配があります。

 

iPhoneは小さすぎてiPadは大きすぎる。

ならばiPad miniかな。

 

 

 

 

そう考えていましたが、iPad miniも高価なんですよね。

しかも、画面のサイズが微妙(縦横比が4対3)で、片手でギリギリ持ちにくいんですよね。

そこで入手したのが、AmazonのFire HD 8と言うタブレット。

 

 

 

 

iPadシリーズと違って画面の縦横比が16対9、いわゆるワイド画面タイプです。

この8インチモデルだと、片手で持てます。

重さは341グラム。iPad miniの299グラムには負けますが、十分軽いです。

実際、手に載せるとこんな感じ。  Fire HD 8

 

 

FireはAndroidをベースにしたAmazon独自のカスタマイズ機なので、そのままだと、Google Playには非対応、つまり、Androidのほとんどのアプリをダウンロードできません。

しかし、上の写真を見てください。ちゃんとPlayストアがあるでしょ。

実は、ちょっと細工するだけでカンタンに普通のAndroid機のアプリが使えるようになります。

 

そして、Fireシリーズの最大の特徴は安すぎること。

Amazonはハードをばらまいてソフトで稼ぐ戦略なんでしょうか。

異常にハードが安いです。

ボクが買ったのは8インチの32GBモデルなんですが、定価で15980円。

それだけでも激安ですが、ボクはAmazonのプライム会員なので4000円引きの11980円。

他社の格安タブレットでこの価格のモノはいくつもありますが、はっきり言って性能が悪すぎて使い物になりません。

迷わずFire HD 8を選択しましょう。

 

とりあえず今回は購入報告で、具体的なレビューは次回以降に書くつもりですが、ひとつだけ感想。

普段、iPhoneやiPadのRetinaディスプレイを見慣れていると、このFireの普通の解像度の画面はやや気になります。

昔はこれくらいが普通だったはずなんですが、さすがにRetinaディスプレイとは差がありますね。

ボクは読書専用機として買ったんですが、iPhoneやiPadの文字が紙の書籍の活字並みに美しいのに対して、Fireだとさすがにそれは言えません。画面を見ているんだな、と言う感想です。

まあ、その分、安いですからね。

 

と言うわけで、また明日!

 

www.b-chan.jp

 

 

 

お天道様は見ている

つぶやき

 他人の目

目

 

 

ほとんどの人は他人の目を気にしながら生きています。

ホントは、他人は、自分が思うほど、自分のことなんて気にしてないんですよね。

なのに人目を気にする。

自意識過剰になるんです。

だから、必要以上に神経をすり減らす。

必要以上に着飾る。

ある人は、鬱病になる。

 

ボクがすごく若い頃に付き合っていたカノジョは喫煙者でした。

ボク自身もタバコの味は好きなんです。

何本かは吸ったことがあります。

吸ったら好きなんですが、身体に悪いことがわかっていたので、吸わなかったんです。

習慣的に吸ってしまうとやめられなくなるので、吸わなかったんです。

しかし彼女は喫煙者。

ボクは言いました。

 

「何よりもキミの身体に悪いから、キミが心配だから、キミがタバコをやめたらうれしいな。決してタバコの好き嫌いの話ではないし、ボクはタバコの味は好きだ。でもキミの健康の方が大事だ。」

 

そう言って付き合っていたので、いつしかカノジョはタバコを吸わなくなりました。

ボクはカノジョの健康の害を心配する必要が無くなりました。

 

でも、それは違っていたんです。

カノジョはボクのいないところでタバコを吸っていました。

そうです。

単にボクに隠れて吸っていただけです。

 

本質を読み違えていたんですね。

ボクはタバコを吸うことやタバコの煙やタバコの味を嫌っていたのではない。

カノジョの健康を心配していたんです。

だから、ボクに隠れて吸うことに何の意味も無いわけです。

 

人の目線を優先して考えてしまったからこその過ちなんですね。

 

人の目は関係ない

 

これは一例ですが、世の中にはそんな例がたくさんあります。

 

あの人は決して悪いことをしない人だ。

 

そんな評判の人は世の中には好くなからず存在します。

しかし、まさかそんな人が犯罪を行うことも少なからずあるわけです。

 

まさかあの人が。

 

それは人目に触れる範囲でしか判断していないからですね。

 

みんなといる時は一緒にゴミ拾いする人が、誰も見ていないところではポイ捨てする。

 

そう言う人は、そう言う人なわけです。

人前では善人のフリ、しかし本質はそうでは無い。

表裏がある分、たちが悪い。

しかし、その性質は隠しきれるモノでは無いんですね。

必ずボロが出ます。

 

大事なのは、人目なんて関係なく、本質的に生きられる人になること。

それをカンタンに実行する方法があります。

それは、古くさい言い方ですが、

 

お天道様(おてんとさま)が見ている。

 

と言うことです。つまり、誰も見て無くても常に天が見ていると言うこと。

 

誰もいないところでポイ捨てをして誰にもバレなくても、それは天が見ている。

すべての行いをそう考えるんです。

 

仕事でもそうです。

会社の同僚の前では忙しいフリをしているけど、実はヒマ。

そりゃラクかもしれません。

他人からは忙しく働いているように見られるし、でも忙しくないし。

トクですね。

でも、よく考えたらトクでも何でも無いんです。

だって、ホントに忙しく働けば、それだけスキルが身に付きます。

でも、「フリ」だけの人は身に付きません。

長い目で見たら損なんですよ。

目先のラクをとってスキルが身に付かず人生で損をする。

 

それを防ぐためには人目では無くお天道様の目を意識するんです。

例え忙しいフリだけしても、それは天にはバレている。

人目と天の目と、映るモノが異なるなら、それは本質的では無い。

そう意識すれば大丈夫。

 

もし、人生において、自分のチカラをホントに身に付けたいのなら、人目を意識することをやめて、本質に生きること、つまりお天道様に見られても問題無い生き方をすることです。

 

他人に対して、これだけやったよアピール、そんな表面的な生き方をしている人は、結局は評価されないわけです。